膣のお悩み解消 HOME » その他の女性器に関するお悩み対策法 » 不感症やニオイが気になる

不感症やニオイが気になる

気になる、女性器のかゆみやニオイ

デリケートゾーンのかゆみやニオイは、女性なら誰でも一度は気にしたことがあると思います。特に生理の時にはニオイも強くなりますし、ナプキンを常時付けているため蒸れてしまい、かゆみが出てくることも多いです。

また女性器は排泄を行う部分でもあるため、トイレでしゃがんだ時にニオイを感じることもあります。デリケートな部分だけに他人には相談しにくいかゆみやニオイ。仕方がないと諦めている方もいますが、気になったら自宅でできる対策方法で少しでも予防・改善したいものです。

かゆみの対策方法

女性器のかゆみの原因は、おりものや蒸れ、ナプキンや汗によるかぶれがほとんどです。女性器は下着で締め付けられやすいうえに蒸れやすい構造になっています。女性は生理中にナプキンを常に使用するため、より蒸れやすくなるものです。最近は吸収性に優れたナプキンも多くなっていますが、吸収性が良いために取り替える回数が少なくなることで、さらに蒸れてしまうこともあります。

対策方法としてはとにかく清潔を保つことです。生理中はこまめにナプキンを変えるようにして、ウォシュレットを使用して陰部を清潔に保つようにしましょう。お風呂ではボディソープよりもデリケートゾーン専用の石鹸を使うことで、膣の環境を保つ善玉菌を壊すことなく適切な洗浄力で洗うことができます。たっぷりの泡を作ったあとに前から肛門に向かって洗います。こすり過ぎないように丁寧に洗ったら、最後にシャワーで洗浄成分をしっかり流すようにします。

ニオイの対策方法

女性器のニオイの原因はおりものや汗、垢、尿などです。陰部に雑菌が増えると独特なニオイが強くなってしまうので、とにかく雑菌が増えないようにするのが大切です。ニオイの対策方法もかゆみの対策と同じ、とにかく清潔を保つこと。ベタっとした粘着質な性質の垢はデリケートゾーン専用の石鹸だと落ちやすいので、ニオイがある人こそきちんと石鹸を使って陰部の汚れを洗い流す必要があります。

女性器は雑菌から身体を守るために強酸性に保たれています。酸のバランスを崩さないように弱酸性の石鹸を使い、できることなら鏡を床においてチェックしながら垢を洗い流すと良いでしょう。

ニオイはトイレの拭き方が原因かも

「前から後ろに拭くように」と習うことが多いと思いますが、三井記念病院の産婦人科医長である中田医師によるとトイレットペーパーを動かすのではなく、押しあてて吸い取るようにすることで、ニオイを改善できることがほとんどとのこと。トイレットペーパーをこすることで摩擦ができ、紙くずが尿道や膣に入り込んでしまうことも。尿道周りの粘膜は加齢とともに薄くなるため、強い刺激で炎症になることも防げます。

かゆみやニオイは女性ホルモンと関係する!?

株式会社ペキュリア・ダグによる20~50代の女性を対象にしたアンケート調査によると、デリケートゾーンの悩みとして黒ずみ、かゆみ、ニオイが上位に挙がりました。※1

そもそもかゆみの原因として、汗やムレ、感染症、下着や生理用ナプキンのかぶれ等があります。意外に思われるかもしれないですが、下着やガードル、ストッキングの締め付けによって悪循環を起こしている場合もあります。生理中は肌がデリケートなため、普段よりも清潔にすることや、自分の肌に合う下着や生理用品を身に着けるようにしてください。

30代後半くらいから「昔よりデリケートゾーンのかゆみやニオイが気になるようになった」と言う方もいるかもしれません。これは女性ホルモンの減少により膣の潤いが減り、炎症を起こしやすくなるためです。ニオイが気になるからと言って石鹸やボディソープでの洗いすぎは殺菌作用まで弱めてしまい悪化を招きます。膣の中は酸性なので、同じく酸性のデリケートゾーン専用の石鹸や化粧水などもケアに取り入れてみてください。

他の部位より皮膚もデリケートなためムレや湿気には夏場だけに限らず、年間で気を遣う必要があります。自分のケアでも改善しない場合、感染症も疑われますので、医師に相談してください。

不感症やニオイの原因「クリトリス包茎」とは

セックスであまり感じることができない場合、本人も、そのパートナーもストレスになってしまいますよね。

女性の性感帯といわれているクリトリスに男性器と同じように包茎の症状がみられることがあり、これを「クリトリス包茎」といいます。

クリトリスは通常、1/3から2/3ほど包皮に包まれており、性的興奮を得たり刺激をうけることで男性器のように勃起して露出します。ところが、クリトリス包茎の症状があると包皮がかぶさったまま露出しないため、刺激を受けることができず感じなくなってしまうのです。

また、クリトリスは汚れやすい部分のため、包皮を被ったままだと汚れがたまり、ニオイの原因となったり炎症をおこしてしまう可能性があります。

仮性クリトリス包茎

包皮に覆われているクリトリスのうち、指で皮をむけばクリトリスが露出する状態のことを仮性クリトリス包茎と言います。

日本女性の70%が仮性クリトリス包茎に当てはまると言われており、性的興奮を得てクリトリスが勃起することで自然と露出することが多いため、大体の人は感度に影響はないと言われています。

小陰唇が大きめの方は、小陰唇の余分な皮がクリトリスまで覆ってしまっていて露出できない状態になっている可能性もあるので、クリニックへ相談してみると良いでしょう。

真性クリトリス包茎

包皮をめくってもクリトリスが露出しない状態を、真性クリトリス包茎と呼びます。

この場合、包皮に邪魔されてクリトリスが刺激を受けづらい状態になっているので、通常のセックスで快感を得られないだけでなく、ときには不快感を抱いてしまうことも。

包皮の除去手術を受けることで感度が上がるだけでなく、衛生的な面でも細菌感染やニオイの原因を除去できるので、治療を受けることが望ましいでしょう。

治療方法は?

クリトリス包茎手術

クリトリスの包皮はクリトリス先端部分の亀頭から体部にかけて広範囲に存在していますが、包茎手術では亀頭部分の皮を切除していきます。

手術後は、クリトリスの先端が1/3から2/3露出するように。手術の流れはどの程度の皮を切除するかデザインを決め、それに合わせて切除、傷口を縫合するというもの。

クリトリスの包皮は非常に柔らかく、血管を傷つけないようにメスを入れたり綺麗に縫い合わせるには高い技術力が必要になります。そのため、施術実績の多いクリニックで治療の治療がおすすめです。

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。