HOME » その他の女性器に関するお悩み対策法 » 介護に備えた女性器整形

介護に備えた女性器整形

“見られる”ことを意識して

美容整形は、見た目の美しさだけと軽視れていた過去もありましたが、美容整形を受けたことで人生が変わったという人が大勢いるように、美容医療は求められる希望を実現してきました。

女性器の整形は介護を見据えて

そして今、美容医療に求められているのは「見られても恥ずかしくない」女性器の手術です。女性器は人に見せたりするものではないため大きさや形などにコンプレックスを抱えていても積極的に見せるための整形をすることに消極的になるケースが多いと聞きます。しかし今、女性器の整形を望んでいるのは30代後半以上の女性たちが多く、親の介護などがきっかけとなり、将来の自分たちの老後を見据えているようです。

見た目だけではなく介護する側の負担軽減も

介護で世話をしてもらうときに、家族やヘルパーさんに見られても恥ずかしくないように女性器の形や大きさを整えておこうというのです。また、見た目だけではなく介護する人の負担軽減から、入浴のさいに陰部洗浄がしやすいようにという理由もあるようです。さらに最近では女性だけでなく60~80代の男性も介護を受けるようになったときのためにという理由から包茎手術を受けるケースもあるそうです。

超高齢社会を象徴する美容医療ですよね。

サイト
監修

みどり美容クリニック・広尾 院長

みつゆきみどり医師

日本初の女性器専用超音波治療「ヴィーナスハイフ」をはじめ、高周波やレーザーによる施術など悩みごとのメニューが豊富に揃ったクリニック。医師やスタッフ全員が女性であり、女性器形成症例数3,000人以上の経験豊富な女医が施術を担当。カウンセリングに時間をかけて、一人ひとりの気持ちに寄り添った、優しい医療を受けることができます。

免責事項

このサイトは2016年9月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。