HOME » その他の女性器に関するお悩み対策法 » 大陰唇を小さくしたい

大陰唇を小さくしたい

ふっくらとした脂肪がある大陰唇について悩みをもつ方のために、よくある悩みや解決方法を紹介しています。

大陰唇の悩みと治療の画像

大陰唇によくある悩み

大陰唇は太ももの付け根から小陰唇の間にあるふっくらとした脂肪組織です。衝撃から内側の生殖器と尿道口を保護する役割もあるのでふっくらとしているのですが、大陰唇が通常よりも肥大化していることがあります。通常よりも大きく肥大していると「こすれて痛みがある」「汚れが溜まりやすくニオイが気になる」「たるみが気になる」「左右差があるのが気になる」といった悩みが出てくることも。大陰唇の悩みはどのように解決できるか、治療法を紹介します。

大きく分けて2種類の治療法がある

大陰唇の悩みは主に膨らみによってもたらされるものであり、悩みを解決する方法は大きく分けて2種類考えられます。ひとつは大陰唇についている脂肪を脂肪吸引によって取り除く方法、そして形や大きさ、たるみ、黒ずみなどを切開することで取り除く方法です。「脂肪吸引法」と「切開法」を詳しく見ていきましょう。

脂肪吸引法

恥丘を1cm前後切開して脂肪を吸引し、大陰唇の皮膚の厚みを取り除きます。メリットとしては切開部が小さいので傷口が目立たないこと。反対にデメリットとしては脂肪を取り除くことだけが目的のため、皮膚のたるみや黒ずみは改善することができません。

切開法

気になる皮膚のたるみや黒ずみ、脂肪部分を直接メスで切除していく方法です。切開部の傷跡が脂肪吸引に比べると広いので残りやすいのですが、脂肪吸引では解消できない皮膚のたるみ、黒ずみ、脂肪などを改善することができます。

悩みによってどちらかを選んで

大陰唇の場合、悩みによって選ぶべき治療方法が異なります。自分ではなかなか確認しにくい部分なのでしっかりと医師に悩みを相談しながら確認してもらい、どちらの方法で治療していくかを決めてもらいましょう。どちらの方法も所要時間は20~30分程度ですが、脂肪吸引法の方が若干費用が安くなることが多いです。費用面に不安がある方はカウンセリング時に費用の差についても確認しておくと良いでしょう。

サイト
監修

みどり美容クリニック・広尾 院長

みつゆきみどり医師

日本初の女性器専用超音波治療「ヴィーナスハイフ」をはじめ、高周波やレーザーによる施術など悩みごとのメニューが豊富に揃ったクリニック。医師やスタッフ全員が女性であり、女性器形成症例数3,000人以上の経験豊富な女医が施術を担当。カウンセリングに時間をかけて、一人ひとりの気持ちに寄り添った、優しい医療を受けることができます。

免責事項

このサイトは2016年9月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。