HOME » その他の女性器に関するお悩み対策法 » かゆみ・においを改善したい

かゆみ・においを改善したい

女性器のかゆみやニオイなど、気になる悩みを紹介します。自分でできる対策方法もアドバイスしています。

かゆみやにおいについての画像

気になる、女性器のかゆみやニオイ

デリケートゾーンのかゆみやニオイは、女性なら誰でも一度は気にしたことがあると思います。特に生理の時にはニオイも強くなりますし、ナプキンを常時付けているため蒸れてしまい、かゆみが出てくることも多いです。

また女性器は排泄を行う部分でもあるため、トイレでしゃがんだ時にニオイを感じることもあります。デリケートな部分だけに他人には相談しにくいかゆみやニオイ。仕方がないと諦めている方もいますが、気になったら自宅でできる対策方法で少しでも予防・改善したいものです。

かゆみの対策方法

女性器のかゆみの原因は、おりものや蒸れ、ナプキンや汗によるかぶれがほとんどです。女性器は下着で締め付けられやすいうえに蒸れやすい構造になっています。女性は生理中にナプキンを常に使用するため、より蒸れやすくなるものです。最近は吸収性に優れたナプキンも多くなっていますが、吸収性が良いために取り替える回数が少なくなることで、さらに蒸れてしまうこともあります。

対策方法としてはとにかく清潔を保つことです。生理中はこまめにナプキンを変えるようにして、ウォシュレットを使用して陰部を清潔に保つようにしましょう。お風呂ではボディソープよりもデリケートゾーン専用の石鹸を使うことで、膣の環境を保つ善玉菌を壊すことなく適切な洗浄力で洗うことができます。たっぷりの泡を作ったあとに前から肛門に向かって洗います。こすり過ぎないように丁寧に洗ったら、最後にシャワーで洗浄成分をしっかり流すようにします。

ニオイの対策方法

女性器のニオイの原因はおりものや汗、垢、尿などです。陰部に雑菌が増えると独特なニオイが強くなってしまうので、とにかく雑菌が増えないようにするのが大切です。ニオイの対策方法もかゆみの対策と同じ、とにかく清潔を保つこと。ベタっとした粘着質な性質の垢はデリケートゾーン専用の石鹸だと落ちやすいので、ニオイがある人こそきちんと石鹸を使って陰部の汚れを洗い流す必要があります。

女性器は雑菌から身体を守るために強酸性に保たれています。酸のバランスを崩さないように弱酸性の石鹸を使い、できることなら鏡を床においてチェックしながら垢を洗い流すと良いでしょう。

感染が原因の場合はクリニックへ

おりものの状態が通常とは異なり、カッテージチーズのようにポロポロとしているようなら膣カンジダの可能性があります。通常カンジダ菌は女性なら誰もが持っている菌なのですが、疲労やストレス、風邪といった体調不良で増殖してしまうことがあります。

「いつもとは違う」と感じたら陰部をより清潔に保つようにしましょう。それでも陰部の皮膚のただれや痛みが出てきたら、ひどくなる前にクリニックへかかるのが一番です。

サイト
監修

みどり美容クリニック・広尾 院長

みつゆきみどり医師

日本初の女性器専用超音波治療「ヴィーナスハイフ」をはじめ、高周波やレーザーによる施術など悩みごとのメニューが豊富に揃ったクリニック。医師やスタッフ全員が女性であり、女性器形成症例数3,000人以上の経験豊富な女医が施術を担当。カウンセリングに時間をかけて、一人ひとりの気持ちに寄り添った、優しい医療を受けることができます。

免責事項

このサイトは2016年9月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。