膣のお悩み解消 HOME » その他の女性器に関するお悩み対策法 » 色をキレイにしたい

色をキレイにしたい

女性器が黒くなるのはなぜか。自宅できる黒ずみ対策についても紹介します。

女性器の色についての悩み画像

女性器はなぜ黒ずむのか

自分の女性器を見た時に「黒い」と感じてショックを受ける女性が多くいます。

なぜ女性器が黒ずんでしまうのか、原因を知らないとそのまま放置してしまいさらに黒ずみが進行してしまうことも。女性器の黒ずみの原因と対策方法を紹介します。

黒ずみの原因はメラニン色素

女性の方なら肌のシミはメラニン色素によるものだと知っている方が多いと思います。皮膚の奥にはメラノサイトというメラニンを作る物質があるのですが、このメラノサイトに摩擦や炎症、紫外線などの刺激を与えると、刺激から皮膚を守るためにメラニン色素を作りだします。

女性器は紫外線による刺激を受けることは通常ないので、黒ずみの原因ほとんどの場合は普段の生活で起こる摩擦によるものです。

例えば下着・トイレットペーパー・ナプキン・股擦れや陰毛・お風呂での洗浄など。日常生活で避けられないこのような摩擦によって、メラニン色素が作られて女性器が黒ずんでしまうのです。

また、ホルモンバランスの乱れにより、メラノサイトにメラニン色素を作るように脳が命令を出してしまうこともあります。このような場合は摩擦がなくとも女性器が黒ずんでしまうのですが、妊娠や強いストレスなども、ホルモンバランスの量を変化させ、結果黒ずみの原因になることも。

上記の生活習慣や環境だけでなく、加齢によっても黒ずみは発生しやすくなります。年齢を重ねることで肌のハリがなくなると、お肉が垂れ下がってそれらが擦れ合いやすくなります。ほかにも乾燥によって炎症を起こしたり、さらに肌のターンオーバーが乱れることで黒ずみを溜め込んでしまうなど、年齢を重ねるにつれてどうしても女性器は黒ずみやすくなってしまうものなのです。

刺激を与えないよう生活習慣を変える

女性器が一度黒ずんでしまうと、自力で元の色に戻すのは難しいと言われています。色素沈着を起こしてしまうと、治すのにはとても時間と根気が要りますし、時間をかけたからといって絶対に治るとも限りません。

そのため、メラニン色素を作らない・黒ずみを進行させない、といった予防対策が大切になります。

摩擦を防ぐ

黒ずみを作らないためにはまず摩擦を防ぐこと。下着は股関節に負担がかからないようなボクサータイプが一番良く、素材も綿や麻といった肌に優しいものが良いでしょう。

やさしく洗う

女性器をお風呂で洗う時はゴシゴシと洗わず、刺激を与えないように丁寧に汚れを落としましょう。

ただし、せっけんの付けすぎ・過剰な洗いすぎは常在菌を減らして性器のph値を乱してしまい、かゆみやにおい、おりものの過剰分泌などの原因になってしまうので注意が必要です。

肌に良い生活習慣

性器も肌ですから、お肌に悪い生活習慣は見直しましょう。毎日夜更かしをしていたり、甘いものやスナック菓子をたくさん食べてしまっていませんか?

一般的にお肌に良いと言われていることを習慣に取り入れることで、同じ肌である女性器もいたわってあげましょう。

シャワーで済まさず湯船につかる、野菜を食べる、運動をするなど、少し今の生活にプラスするだけで肌の代謝が上がり、黒ずみを蓄積しづらい体づくりができます。

クリニックでの治療方法は?

レーザー治療

最近ではデリケートゾーン専用のレーザー治療機が開発されており、気になる黒ずみを改善することができます。「黒ずみは気になるけど手術まではしたくない」「内側のヒダまで改善したい」といった人におすすめです。

レーザーが黒ずみの原因となるメラニン色素を破壊。ターンオーバーが促されることで元の肌色に戻っていきます。

デリケートゾーンは非常に皮膚が薄く、外部からの刺激に弱い部分。体のパーツの中でよく薄いと言われるまぶたの皮膚はおおよそ8層ですが、外陰部はその半分の4層程度しかありません。

そのため、女性器専用のレーザー機器でケアすることが大切です。

照射時間は10分程度。1~2週間に1回のペースで治療を受け、トータル5~10回程度ケアを行なうと効果が実感できるようです。

切除手術

切除手術は、小陰唇の黒ずんでいる部分を切除することで黒ずみを改善する方法です。

切除手術では刺激を受けやすく黒ずんでしまっている部分を直接取り除くので、効果は即効で、再発する可能性が低いのが魅力です。

手術は、デザイン→麻酔→切除→縫合という流れで行われ、手術時間は30~50分と比較的短く、当日からシャワーが可能です。術後3~7日は患部が腫れるので、痛み止めを服用し安静にしておきましょう。

デリケートな部分にメスを入れる手術なので、手術を考えるときは信頼できる医師を探し、しっかりと相談することが重要です。

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。