HOME » その他の女性器に関するお悩み対策法 » 色をキレイにしたい

色をキレイにしたい

女性器が黒くなるのはなぜか。自宅できる黒ずみ対策についても紹介します。

女性器の色についての悩み画像

女性器はなぜ黒ずむのか

自分の女性器を見た時に「黒い」と感じてショックを受ける女性が多くいます。なぜ女性器が黒ずんでしまうのか、原因を知らないとそのまま放置してしまいさらに黒ずみが進行してしまうことも。女性器の黒ずみの原因と対策方法を紹介します。

黒ずみの原因はメラニン色素

女性の方なら肌のシミはメラニン色素によるものだと知っている方が多いと思います。皮膚の奥にはメラノサイトというメラニンを作る物質があるのですが、このメラノサイトに摩擦や炎症、紫外線などの刺激を与えると、刺激から皮膚を守るためにメラニン色素を作ります。

女性器は太陽に当てることはないので紫外線による刺激はないので、黒ずみのほとんどの場合は普段の生活で起こる摩擦によるものです。例えば下着があたることによる摩擦、トイレットペーパーでの摩擦、ナプキンによる摩擦、股擦れや陰毛による摩擦、お風呂での洗浄による摩擦など。知らぬ間にこのような摩擦によって、メラニン色素がたくさん作られ、女性器が黒ずんでしまうのです。

また妊娠や強いストレスなども、ホルモンバランスの量を変化させます。ホルモンバランスの乱れによりメラノサイトにメラニン色素を作るように脳が命令を出してしまうこともあり、このような場合は摩擦がなくとも女性器が黒ずんでしまうのです。加齢によってお肉が垂れ下がりそれらが擦れ合ったり、乾燥によって炎症を起こしたり、さらに肌のターンオーバーが遅くなって黒ずみを溜め込んでしまうなど、年齢を重ねるにつれてどうしても女性器は黒ずみやすくなります。

刺激を与えないよう生活習慣を変える

女性器が一度黒ずんだあとはピンク色に戻すのは難しいと言われています。色素沈着を起こしたあとは治そうと思っても時間がとてもかかるので、とにかく普段からメラニン色素を作らず、黒ずみを進行させない、作らないことが大切になります。

黒ずみを作らないためにはまず摩擦を防ぐこと。下着は股関節に負担がかからないようなボクサータイプが一番良く、素材も綿や麻といった肌に優しいものが良いでしょう。また女性器をお風呂で洗う時はゴシゴシと洗うのは良くありません。

刺激を与えないように丁寧に汚れを落として、しっかり洗い流します。肌のホルモンバランスを崩さないように、生活習慣も見直しましょう。夜更かしを止める、甘いものやスタック菓子を控える、お風呂はしっかり湯船につかる、野菜を食べる、運動をするなど、ちょっとしたことでも肌の代謝が上がり、黒ずみを蓄積しない体になれます。

サイト
監修

みどり美容クリニック・広尾 院長

みつゆきみどり医師

日本初の女性器専用超音波治療「ヴィーナスハイフ」をはじめ、高周波やレーザーによる施術など悩みごとのメニューが豊富に揃ったクリニック。医師やスタッフ全員が女性であり、女性器形成症例数3,000人以上の経験豊富な女医が施術を担当。カウンセリングに時間をかけて、一人ひとりの気持ちに寄り添った、優しい医療を受けることができます。

免責事項

このサイトは2016年9月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。