HOME » その他の女性器に関するお悩み対策法

その他の女性器に関するお悩み対策法

女性器に関する悩みは人それぞれです。どんな悩みがあるのか、その解決方法をアドバイスします。

女性器に関する悩みとは

人それぞれ違う形をしている女性器にはさまざまな悩みが起きやすいものです。このカテゴリでは女性器にはどんな悩みが起こりやすいのか、またそれらの解決方法はあるのかを紹介します。

大陰唇を小さくしたい

女性器の外側にあるふっくらとした組織が特徴的な大陰唇。通常よりも大きく肥大化したり黒ずんだりすることに悩む方が多いようです。脂肪吸引もしくは切開によりたるんだ部分の脂肪を取り除くことで、外見を整えることができます。

小陰唇を小さくしたい

尿道口と膣口の両側にある組織で、形の左右差や色素沈着に悩む方が多い部分です。なかなか自分では確認しにくい部分なので医師に確認してもらって、希望に合わせて切除してデザインしていきます。小陰唇肥大には、陰核包皮の肥大も合併していることがあるので、その点も確認します。

処女膜を再生させたい

一度破れたら終わりというイメージが強い処女膜も、実は施術で再生することが可能です。処女膜再生は事故などで破れてしまったり気持ちのリセットをしたり、性生活のマンネリ化を防ぐにも役立ちます。粘膜の一部を縫うだけの施術なので手軽に受けることができます。

かゆみ・においを改善したい

デリケートゾーンのかゆみやニオイは誰でも一度は経験があるもの。女性器は蒸れやすい部位のため、清潔に保つように気を付けることが大切です。かゆみやニオイは予防することが重要で、とにかく雑菌が増えないようにケアしていきます。専用の石鹸があればそれを使い、膣の汚れを丁寧に落としていきましょう。

色をキレイにしたい

女性器が黒ずむのは女性にとってショックなことです。黒ずみはメラニン色素が原因であり、普段の生活の中で摩擦が発生して黒ずみが増えてしまいます。トイレでのペーパーやナプキンでの摩擦、股ズレ等の摩擦、お風呂での洗浄摩擦などさまざまなことで刺激を受け、メラニン色素が増えて女性器が黒ずみます。解決方法は刺激を与えないこと。これだけでも悩みの解決に一歩近づきます。

不感症を治したい

セックスをしても何にも感じることができない不感症には2種類のパターンがあります。一つは、かつて感じていたのに今はできないパターン。もう一つは最初から感じることなく、不感症が続いているパターンです。どちらにも治療法は原因を突き止めることから始まります。

尿漏れを改善したい

お腹に力を入れた瞬間に尿漏れを起こしてしまうことがあります。妊娠や出産、加齢により女性は尿漏れしやすくなるため、尿漏れに悩んでいる方は多いものです。尿漏れの原因は骨盤底筋の緩みなので、骨盤底筋を鍛えるトレーニングをすることで予防・改善することが可能です。

サイト
監修

みどり美容クリニック・広尾 院長

みつゆきみどり医師

日本初の女性器専用超音波治療「ヴィーナスハイフ」をはじめ、高周波やレーザーによる施術など悩みごとのメニューが豊富に揃ったクリニック。医師やスタッフ全員が女性であり、女性器形成症例数3,000人以上の経験豊富な女医が施術を担当。カウンセリングに時間をかけて、一人ひとりの気持ちに寄り添った、優しい医療を受けることができます。

免責事項

このサイトは2016年9月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。