膣のお悩み解消 HOME » その他の女性器に関するお悩み対策法

その他の女性器に関するお悩み対策法

女性器に関する悩みは人それぞれです。どんな悩みがあるのか、その解決方法をアドバイスします。

女性器に関する悩みとは

このページでは、女性器の悩みについて解説しています。どんな人が、どんなことで悩んでいるのか?また、その悩みを解消する治療法なども紹介しています。

「女性器コンプレックス愛する人と交われない女たちの苦悩」(喜田直江・著)という本によれば、自分の性器にコンプレックスがあると答えた女性は全体の58%なんだそうです。

スタイルが良いとか目がぱっちりしているとかは人との比較がしやすいですから、自分と比べて落ち込むこともあるでしょう。でも日常的に見ることもないし、他人と比べることのない女性器なのに、こんなにも多くの女性が人知れずひとりで悩みを抱えこんでいるなんて悲しいですね。もう、ひとりで悩んで自信をなくしたり、コンプレックスにしないでくださいね、解決方法はたくさんあります。

人それぞれ違う形をしている女性器にはさまざまな悩みが起きやすいものです。このカテゴリでは女性器にはどんな悩みが起こりやすいのか、またそれらの解決方法はあるのかを紹介します。

大陰唇を小さくしたい

女性器の外側にあるふっくらとした組織が特徴的な大陰唇。通常よりも大きく肥大化したり黒ずんだりすることに悩む方が多いようです。脂肪吸引もしくは切開によりたるんだ部分の脂肪を取り除くことで、外見を整えることができます。

大陰唇を大きくしたい

大陰唇を大きくしたいと言う方の悩みとしては、小陰唇が大きく見えてしまうという方、シワやたるみをなくしてふっくらとした若々しさを取り戻したいといった方が多いようです。

また、大陰唇は尿道口や膣口などの女性器を守るクッションのような役割もありますので、自転車に乗るときの摩擦や圧迫による痛みも解消されます。

大陰唇整形手術で大陰唇を大きくしたい場合は、ヒアルロン酸などを入れる方法と、自分の脂肪を吸引し注入する方法があります。ヒアルロン酸注入は1年ほどで吸収されてしまうため、効果を持続させたい方は脂肪注入のほうが向いています。どちらの施術も、短時間でおわり、ダウンタイムもほとんどありません。

小陰唇を小さくしたい

尿道口と膣口の両側にある組織で、形の左右差や色素沈着に悩む方が多い部分です。なかなか自分では確認しにくい部分なので医師に確認してもらって、希望に合わせて切除してデザインしていきます。小陰唇肥大には、陰核包皮の肥大も合併していることがあるので、その点も確認します。

処女膜を再生させたい

一度破れたら終わりというイメージが強い処女膜も、実は施術で再生することが可能です。処女膜再生は新しいパートナーとの生活を始める上での気持ちのリセットをしたり、性生活のマンネリ化を防ぐにも役立ちます。粘膜の一部を縫うだけの施術なので手軽に受けることができます。

痛すぎてセックスができない

性交痛の悩みを抱える女性の中には婦人科の診療で異常がないと言われ、経験不足からくるものだと思い込んでいたり、体質だとあきらめて放置しセックスレスになってしまった方などもいます。

しかし性交痛にはいくつかの原因があり、専門医による適切な治療で改善することが可能です。恥ずかしくて相談できないと悩まずに、ぜひ婦人科形成(女性器の美容整形)を診療することをおすすめいたします。

色をキレイにしたい

女性器が黒ずむのは女性にとってショックなことです。黒ずみはメラニン色素が原因であり、普段の生活の中で摩擦が発生して黒ずみが増えてしまいます。トイレでのペーパーやナプキンでの摩擦、股ズレ等の摩擦、お風呂での洗浄摩擦などさまざまなことで刺激を受け、メラニン色素が増えて女性器が黒ずみます。解決方法は刺激を与えないこと。これだけでも悩みの解決に一歩近づきます。

におい・不感症を治したい

セックスの際に感じない原因の一つであるクリトリス包茎。見た目の問題よりも、デリケートゾーンのニオイやセックスのときの満足度が低いなどの原因がきっかけとなって治療を考え始る場合が多いようです。

女性器の構造は複雑なうえ、おりものや経血のために汚れが溜まりやくなっています。クリトリス包茎があるとさらに汚れがたまりやすく細菌感染や臭いの原因になってしまうのです。

また、セックスのときに露出しないと感じにくいため、パートナーから不感症だと疑われたり、セックスレスの原因になることも考えられます。クリトリス包茎手術は30分程度で済み、ダウンタイムもほとんどありません。

介護を見据えてキレイにしておきたい

普段、自分でも見ることの少ない女性器ですが、まわりの人の女性器なんてもっと見ることがありません。ところが、介護のお仕事をなさっている方や親などの介護をきっかけに女性器を見る機会があり、自分の性器が気になり出してしまったという方が増えているそうです。

見られることを意識したビジュアル的な内容から、入浴介護のさいに洗いやすいようにという配慮など相談は多岐にわたるそうです。黒ずみを取り除くケミカルピーリングや汚れがたまりやすいクリトリス包茎の手術など、女性器の専門クリニックではお悩みに合わせて気軽に相談に応じてくれます。

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。