HOME » 膣を引き締める方法その1「膣トレ」で引き締め » マシン

マシン

マシンを使って膣トレをする方法を紹介しています。マシンの使い方や効果、メリットを調べました。

マシンを使った膣トレ画像

マシンを使って骨盤底筋を鍛えよう

体操やエクササイズ、グッズは継続して膣トレをすることで結果が出るものであり、自ら進んでやらなければいけません。「3日坊主で続かない」「なかなか結果が出ず続かない」など、セルフトレーニングだからこその悩みを持っている女性も多いと思います。そんな方におすすめしたいのが、専用のマシンを使う膣トレです。骨盤底筋を鍛えるといった目的は同じですが、体操やエクササイズ、グッズよりも簡単かつ効果的に鍛えることができるので、毎日自分で膣トレを続けるのが大変だと感じている方に向いています。

おすすめの膣トレマシン

ペルビックトレーニング(ぺルビックトレーナー)

アメリカで開発されたマシンで、もともとは尿失禁の治療に用いられていました。尿失禁の原因も骨盤底筋によるものなので、同じ原因となる膣緩みにも有効です。ペルビックトレーニングはクリニックで受けることができます。洋服を着たまま約20分間イスに座るだけで、マシンの磁界が体内に伝播して骨盤底筋を鍛えることができます。この施術を受けている間、痛みは一切ありません。振動の強さも調整可能なため、慣れてきたら強くすることもできます。本を読んでいればあっという間に終わりますし、3~4回で効果を実感することができます。

マシンを使って得られる効果・メリット

膣トレマシンは機械が設置されているクリニックで使うことができます。セルフトレーニングでは自分の力で骨盤底筋を鍛えて膣を引き締められるように繰り返していきますが、マシンを使用すると筋肉をマシンが付けてくれるため、トレーニングが楽に行えます。ペルビックトレーニングは1回8,000円程度の費用がかかりますが、膣周辺の筋肉を付けるだけでなく尿道付近の筋力やお尻の筋力までアップするため、さまざまな効果を得ることができます。膣トレマシンのメリットをまとめてみましょう。

マシンを使っての膣トレは、とにかく簡単かつ効果的というのが魅力です。クリニックに通うことや費用がかかるといったデメリットはあるものの、膣の緩みを確実に解消させたい方にとってはすごくおすすめです。

サイト
監修

みどり美容クリニック・広尾 院長

みつゆきみどり医師

日本初の女性器専用超音波治療「ヴィーナスハイフ」をはじめ、高周波やレーザーによる施術など悩みごとのメニューが豊富に揃ったクリニック。医師やスタッフ全員が女性であり、女性器形成症例数3,000人以上の経験豊富な女医が施術を担当。カウンセリングに時間をかけて、一人ひとりの気持ちに寄り添った、優しい医療を受けることができます。

免責事項

このサイトは2016年9月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。