HOME » 膣を引き締める方法その1「膣トレ」で引き締め » 体操

体操

膣の緩みを体操やエクササイズで解消!骨盤底筋を鍛える体操やエクササイズを紹介します。

体操による膣トレの画像

膣トレで骨盤底筋を鍛えよう

加齢や妊娠・出産などで膣が緩んでいると感じたら、骨盤底筋を鍛える体操やエクササイズで膣トレをしましょう。膣トレは子宮などの内臓を支える大切な役割を持つ骨盤底筋を鍛えることができるので、膣緩みによる子宮脱や尿漏れを防ぐことができます。ここでは骨盤底筋を鍛えることができる体操・エクササイズをいくつか紹介します。どちらも家で今すぐできる簡単なものなので、ぜひ実践してください。

体操・エクササイズ

たった3分でできる簡単膣トレ

寝ながらできる膣トレ

膣トレを行って得られる効果・メリット

基本的に骨盤底筋を鍛えるなら、膣を意識して力をぎゅっと入れる方法になります。今まで意識してトレーニングをしていない部分ですから、毎日数回だけでも締めたり緩めたりするだけで思った以上に効果を得られます。膣トレをすると例えば次のような効果・メリットがあります。

膣が締まる感覚が分からないという方は、脚を広げずに太ももの間にクッションやバスタオルを挟んでみましょう。クッションやバスタオルをぎゅっと締めるように力を入れてみてください。毎日やれば少しずつでもコツが分かり、トレーニングの効果は高まります。膣緩みが気になっている方は、ぜひ膣トレを習慣化して続けていくようにしましょう。

サイト
監修

みどり美容クリニック・広尾 院長

みつゆきみどり医師

日本初の女性器専用超音波治療「ヴィーナスハイフ」をはじめ、高周波やレーザーによる施術など悩みごとのメニューが豊富に揃ったクリニック。医師やスタッフ全員が女性であり、女性器形成症例数3,000人以上の経験豊富な女医が施術を担当。カウンセリングに時間をかけて、一人ひとりの気持ちに寄り添った、優しい医療を受けることができます。

免責事項

このサイトは2016年9月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。