膣のお悩み解消 HOME » 膣引き締めで得られる効果とは? » 子宮下垂・子宮脱の予防

子宮下垂・子宮脱の予防

子宮下垂や子宮脱とは?膣の引き締めで得られる予防・改善効果を紹介しています。

子宮下垂や子宮脱の画像

膣の緩みが原因になって起こる性器脱

「性器脱(骨盤内臓器脱)」とは、膣の緩みが原因となる恐ろしい病気です。骨盤内には骨盤底筋という筋肉が存在し、膣を収縮させたり、骨盤内にある臓器を支えたりと重要な役割を果たしています。しかし、骨盤底筋の筋力が弱ったり、伸びてしまったりすると、これまで骨盤底筋に支えられていた臓器の位置は降下。重さで膣口まで下りてきた膀胱・子宮・直腸などの臓器が膣から出てしまう現象を総称して「性器脱」と言います。

想像しただけで恐ろしいこの病気。「自分とは無縁だ」と考えたいところですが、性器脱を経験している女性の割合は10%も存在し、そのうちの95%は分娩経験者が占めています。出産経験のある女性は病気の可能性を視野に入れて置くべきでしょう。

性器脱は、どの臓器が出ているかによって名称も対処法も異なります。最も比率が多いのは子宮が出てくる「子宮脱」。その後に膀胱が出てくると「膀胱瘤」、直腸が出てきた際は「直腸瘤」と呼ばれます。今回は「子宮脱」にスポットを当て、その症状やなりやすい人の傾向を紹介していきます。

子宮下垂とは?

子宮下垂は骨盤底筋が緩むことで子宮が膣の中にまで下がってしまった状態のことを指します。つまり、子宮脱の一歩手前の症状です。特に出産直後は胎児が産道を通ることで周囲の組織まで引き延ばされるため、妊娠前よりも緩みやすくなります。子宮が正常の位置よりも下がってしまっている状態は痛みがありそうな感じがしますが、程度の軽い子宮下垂くらいでは実は無症状がほとんどです。そのため婦人科健診などで医師に指摘されて初めて気が付く女性が多いと言われています。

子宮脱とは?

子宮脱は子宮下垂の程度がひどくなり、子宮が膣から出てしまった状態を指します。子宮脱になるとピンポン玉くらいの丸くて固いものが外陰部にあるのを自分で感じられます。子宮が膣から顔を出している状態となった時にびっくりし、慌ててクリニックに来る方も多いようです。さらに程度がひどくなると子宮が膣・膀胱・直腸などの臓器を連れて下がってしまうため、膣がつられて裏返ることもあります。臓器が下がると引っ張られる感覚がありますし、太ももの間に顔を出した子宮が挟まっている違和感や下着に接触して出血したり化膿したりすることもあるため、子宮脱になったらクリニックでの治療が必要です。

子宮脱の症状

子宮脱は4つのステージに分類され、ステージごとに症状が異なります。国際尿禁制学会制定のICS分類を元に各ステージの特徴や詳細について紹介しているので、確認していきましょう。

ステージ1
名称:子宮下垂
子宮位置:膣の1センチ以上手前
主な症状は、下腹部や膣内に違和感を覚える程度。激しい痛みや見た目の変化はありません。出産を経験した女性のほとんどは、ステージ1の位置まで子宮が下がっているようです。
ステージ2
名称:不全子宮脱
子宮位置:膣の入り口から1センチ手前
ステージ2になると、強い排尿感や膀胱の違和感に襲われます。子宮はまだ膣から出ていないので、激しい痛みはありません。ちなみにステージ2は、まだ治療を受けられない段階であることがほとんどです。
ステージ3
名称:不全子宮脱
子宮位置:膣から1センチ出ている状態
ステージ3になると、ついに子宮が膣から1センチ出ている状態に。股に違和感を覚えたり、出てきた子宮が下着に擦れて痛みを感じたりします。ステージ3は手術対象です。
ステージ4
名称:全子宮脱
子宮位置:膣から2センチ以上出ている状態
ステージ4は子宮のみならず、膀胱や直腸まで膣外に出てしまっている状態を指します。もちろん、ステージ3以上に違和感や痛みが強いです。歩くだけで擦れてしまうので、歩行障害や出血を伴います。ステージ3同様に手術を受ける必要がある進行レベルです。

ステージ1~4まで全てに共通する症状は、「排尿困難」「尿意の切迫感」「夜間頻尿」などの膀胱炎によく似た症状です。中には、膣口に下りてきた子宮に直腸が圧迫されて「排便困難」になることも。排尿障害に気付いていながら放置すれば、尿が出なくなる「閉尿」や子宮脱に擦れて下着に血が付くようになります。

どんな人がなりやすい?

子宮脱になりやすい人の傾向をチェックリスト形式でまとめました。「子宮あたりに違和感がある」という人は、当てはまる項目がないか必ずチェックしてみてください。

【子宮脱になりやすい人チェック】

なかなかトイレに立てない仕事に就いている
便秘体質だ
妊娠・出産経験がある
出産時は難産だった
3,500グラム以上の子どもを産んだことがある
出産経験が複数回ある
高齢出産だった
現年齢が40歳以上だ
どちらかというと運動不足だ
立ち仕事をしている
体重の増減が激しい
極端なまでに痩せている
重労働をしている

便秘やトイレに行けない環境は子宮をはじめとする臓器を圧迫し、押し下げてしまうため子宮脱に影響します。

妊娠・出産経験は、経験回数分だけ骨盤底筋と膣の伸び・傷みに影響。骨盤底筋の収縮が衰えている高齢女性が3,500グラム以上の子どもを産んだなら、子宮脱になる確率はグンと上がります。

運動不足は骨盤底筋の筋力低下に、肥満は子宮の圧迫に、過度な体重増減は身体全体への負担と関係している仕組み。

出産が大きく影響する子宮脱は、産後になりやすいと言われています。出産による膣の緩みは一時的なものですが、産後も尿漏れや便秘が長期間続く場合は子宮脱の可能性大。異変に気付いたら、なるべく早い段階で医師に診てもらうことをおすすめします。

早期の予防と受診が大切

欧米の研究によると、性器脱の生涯罹患率は11.1%。日本の40歳以上の女性に限定して推測すると、潜在的患者数は350万人を超えることになります。これだけ多くの女性がなり得る病気でありながら、詳しい症状やメカニズムが知られておらず、病院を訪れる女性が少ない理由は「羞恥心」にあるようです。「生死を左右する病気ではないという事実」と「産婦人科を受診するのがなんだか恥ずかしい」という日本人女性の傾向。これら2つが合わさって、違和感・不快感があるにもかかわらず、性器脱患者は病院へ足を運ばないのです。

実際、性器脱・子宮脱は命に関わる病気ではありません。しかし、早期発見・治療しなければ、日常生活に大きな支障をきたします。子宮が膣外に露出すると、歩行障害が起こるのは当然です。歩くたびに擦れれば、痛みや出血を伴います。もちろん、排尿・排便もうまくきません。いざ、恐ろしい状態に気付いて病院へ駆け込んだ時、残されているのは「膣式子宮全摘術」や「前後膣壁縫縮術」といった大掛かりな手術です。

本来であれば骨盤底筋トレーニングで改善できたはずのことでも、悪化してしまえば子宮を摘出しなければならない可能性が出てきます。つまり、日頃からの「予防・対策」が非常に大切なのです。「なんとなく恥ずかしい」と「後悔しても手遅れ」という状態、あなたはどちらを選びたいですか?

子宮脱はどんな女性でもなり得る病気です。「自分は大丈夫」と根拠のない言葉を言い聞かせるのは止め、自分で自分の身体を守ってあげましょう。子宮が降下しているのを早期発見できれば、受けられる治療法の幅も広がりますよ。まだ出産を経験していない若い女性も、肥満や便秘などチェックリストに当てはまる項目があったなら、1度専門医に診てもらうことをおすすめします。これから元気な赤ちゃんを産むために、子宮を守れるのはあなた自身です。

膣緩みを改善して子宮脱を防ぐ

子宮脱を引き起こす原因は加齢によって骨盤底筋が緩み、膣の圧が下がってしまうことです。そのため自然治癒で治ることはまずありません。子宮下垂の状態でも症状が悪化する前に治療を行うことをおすすめします。

子宮脱を防ぐにはその前段階である子宮下垂を防ぐこと。子宮下垂は産後に起きやすいため、出産してすぐにケアをしていきましょう。具体的には骨盤底筋を鍛えるトレーニングや体操、グッズなどを使用して膣を引き締めること。程度がひどい場合や専門医にきちんと診断してもらいたい場合はクリニックでの治療が良いでしょう。

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。