HOME » 膣引き締めで得られる効果とは? » 子宮下垂・子宮脱の予防

子宮下垂・子宮脱の予防

子宮下垂や子宮脱とは?膣の引き締めで得られる予防・改善効果を紹介しています。

子宮下垂や子宮脱の画像

膣の緩みが原因になって起こる性器脱

女性の骨盤の下は骨盤底と呼ばれ、骨盤膣を閉じる役割をしています。骨盤底は筋肉や器官、組織をつなぐ結合組織から成り立ち、お腹や内臓を支えます。ところがこの骨盤底が何らかの原因によって障害されると、内臓を支えきれなくなり性器脱を起こすことがあります。女性のうち約10%は性器脱を経験しており、そのうち95%は分娩経験者というデータがあります。

子宮下垂とは?

子宮下垂は骨盤底筋が緩むことで子宮が膣の中にまで下がってしまった状態のことを指します。特に出産直後は胎児が産道を通ることで周囲の組織まで引き延ばされるため、妊娠前よりも緩みやすくなります。子宮が正常の位置よりも下がってしまっている状態は痛みがありそうな感じがしますが、程度の軽い子宮下垂くらいでは実は無症状がほとんどです。そのため婦人科健診などで医師に指摘されて初めて気が付く女性が多いと言われています。

子宮脱とは?

子宮脱は子宮下垂の程度がひどくなり、子宮が膣から出てしまった状態を指します。子宮脱になるとピンポン玉くらいの丸くて固いものが外陰部にあるのを自分で感じられます。子宮が膣から顔を出している状態となった時にびっくりし、慌ててクリニックに来る方も多いようです。さらに程度がひどくなると子宮が膣・膀胱・直腸などの臓器を連れて下がってしまうため、膣がつられて裏返ることもあります。臓器が下がると引っ張られる感覚がありますし、太ももの間に顔を出した子宮が挟まっている違和感や下着に接触して出血したり化膿したりすることもあるため、子宮脱になったらクリニックでの治療が必要です。

膣緩みを改善して子宮脱を防ぐ

子宮脱を引き起こす原因は加齢によって骨盤底筋が緩み、膣の圧が下がってしまうことです。そのため自然治癒で治ることはまずありません。子宮下垂の状態でも症状が悪化する前に治療を行うことをおすすめします。

子宮脱を防ぐにはその前段階である子宮下垂を防ぐこと。子宮下垂は産後に起きやすいため、出産してすぐにケアをしていきましょう。具体的には骨盤底筋を鍛えるトレーニングや体操、グッズなどを使用して膣を引き締めること。程度がひどい場合や専門医にきちんと診断してもらいたい場合はクリニックでの治療が良いでしょう。

サイト
監修

みどり美容クリニック・広尾 院長

みつゆきみどり医師

日本初の女性器専用超音波治療「ヴィーナスハイフ」をはじめ、高周波やレーザーによる施術など悩みごとのメニューが豊富に揃ったクリニック。医師やスタッフ全員が女性であり、女性器形成症例数3,000人以上の経験豊富な女医が施術を担当。カウンセリングに時間をかけて、一人ひとりの気持ちに寄り添った、優しい医療を受けることができます。

免責事項

このサイトは2016年9月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。