膣のお悩み解消 HOME » 膣引き締めで得られる効果とは? » 尿漏れの予防・解消

尿漏れの予防・解消

膣の引き締めが尿漏れの予防や解消につながる理由を紹介します。

尿漏れ予防と改善の画像

膣の引き締めで尿漏れを予防・改善

ふとした時に尿が漏れてしまう尿漏れは、骨盤底筋の低下が原因のひとつだと言われています。30代~40代女性の約30%が尿漏れを経験したことがあり、特に出産経験者は膣にダメージがあることで膣圧が低下し、尿漏れ経験がぐっと増えるようです。尿漏れにもいくつかの種類があるため、今の症状が骨盤底筋の低下によるものかそれとも膀胱や尿道の働きに支障が出ているためかを判断することが大切です。

尿漏れの種類

腹圧性尿失禁

尿漏れにはさまざまな種類がありますが、圧倒的に女性に多く、骨盤底筋が原因となるのがこの腹圧性尿失禁です。排尿をコントロールする骨盤底筋が加齢や出産によって弱くなることで、腹圧がかかったときにピュッと漏れてしまうことがあります。運動や咳、くしゃみ、笑う、立ち上がるなど、漏れる場面は人それぞれです。

そもそも腹圧性尿失禁は、膀胱や尿道の「しまり」が悪くなっている状態です。尿道を閉じる機構のことを「尿道括約筋」というのですが、こちらがうまく機能していないのも一つの要因とされます。

尿道のしまりが悪くなっている原因として、尿道の外傷や神経の損傷などが考えられ、骨盤底筋の原因としては前立腺や子宮などの骨盤内の手術、妊娠や出産、子宮脱や膀胱脱、そして加齢などが挙げられてくるのです。

では、腹圧性尿失禁の症状がみられたときの検査や診断にはどういったものがあるのでしょうか。

この腹圧性尿失禁の疑いが感じられる場合、「パッドテスト」を行って検査することになります。ちなみにこの「パッドテスト」というのは、パッドをつけた後に何かしらの運動をしてもらい、1時間後のパッドの重さを計って失禁具合の程度を計算する検査です。

要するに、運動後のパッドが重たければ尿漏れが多いということになりますので症状も深刻になっているということがわかるのです。また、「尿流動体検査」や「画像検査」などの検査方法を用いる場合もあります。まず「尿流動体検査」とは、尿流測定や残尿測定、膀胱や尿道の内圧測定を行う検査で、「画像検査」は膀胱造影や鎖尿道膀胱造影を行います。

日本で女性の腹圧性尿失禁が一般的に治療されるようになったのは、1980年代後半でありました。実態調査でこれらの病気で悩む女性が多いということがわかり、泌尿器科がこれらの治療や手術に力を入れる要因となったのです。

参考URL

治療法

治療の方法は、軽症や中等症、重症といった程度によって治療法も変わってきます。

まず軽症や中等症と診断された場合、一般的には保存的治療を行うこととなるのですが、今では「骨盤底筋訓練」がこの腹圧性尿失禁には良いとされています。この「骨盤底筋訓練」とは、弱くなっている骨盤底筋を強化して、尿道を閉じる機構の尿道括約筋を強化する体操のことです。方法は、肛門や膣を意識的に緩めたり締めたりを交互に繰り返して骨盤底筋を鍛えていきます。正しい方法で行い、長期間に渡り継続していくことがとても重要になってくるのです。

骨盤底筋を鍛える別の方法として、「電気刺激療法」というのもあります。電気の刺激によって、必要な筋肉を収縮させていく方法です。また、「膣内コーン」という器具を膣内に1日15分を2セット行い、それを徐々に重たいコーンに変えていくことで骨盤底筋を鍛えるという方法もあります。

腹圧性尿失禁の手術方法は細かいものも入れると150もあるとされています。これは今も残っている手術方法ではありませんが、手術を始めてから技術の向上や流行なども含めて何度も繰り返されている結果であります。そこで、1996年に発表された「恥骨後式(TVT)手術」をはじめとする「中部尿道スリング手術」が今では一般的となりました。インテグラル理論に基づき、ポリプロピレンのメッシュテープで中部尿道をサポートする術式であり、女性の尿漏れ手術の代表的存在となったのです。中部尿道スリング手術には、「恥骨後式(TVT)」、「経閉鎖孔式(TOT)」、「単切開式(SIS)」の3つの方法があり、前者の2つの術式が今では一般的な手術方法となっています。

参考URL

薬の投与

薬の投与としては、尿道の括約筋を緊張させる作用がある「交感神経刺激薬」や、閉経後の女性に関しては「女性ホルモン薬」などが一般的です。

使用する薬として、「三環系抗うつ薬」を主に使われます。一部の患者には、「α受容体刺激薬」、「β受容体刺激薬」、「抗コリン薬」なども使うようです。ちなみに、薬の投与を中断し、2年以上経過すると尿失禁の再発が増加しました。ということから、膀胱訓練と薬の投与を併用することである程度の成果が見られ、これ以上の最適な治療法が今はないというのが現状でもあるのです。

これが重症となれば手術を行うこと場合があるのです。手術法もいくつか存在し、尿道括約筋の機能が低下しているのであれば、尿道の周りに「コラーゲン」を注入する手術法と尿道括約筋を圧迫するように腹部の組織や人工線維で尿道を支える「スリング手術」という2つの手術法があります。そして、膀胱や尿道の機能を改善させる手術法としましては、「全膣壁整形術」、「経膣的膀胱頸部挙上術」、「恥骨後式膀胱頸部挙上術」などが存在してきます。

参考URL

切迫性尿失禁

膀胱が勝手に収縮することでおしっこを我慢できなくなり漏らしてしまうのが切迫性尿失禁の特徴です。たいていは頻尿を伴っており、過活動性膀胱が原因となっています。

よく見られる症状として、急におしっこがしたくなったり、トイレに行こうとしても我慢ができずに漏らしてしまうといったことが切迫性尿失禁によく見られる症状となります。

やはり尿の量が多いこの症状の特徴で、一度に多くの量をもらしてしまうケースが多くなってきます。少しでも尿が膀胱にたまるとすぐにおしっこがしたくなり、夜寝ているときに何度も目を覚ましてしまうのです。一昔前は適切な治療法というものが見つかっていなかったのですが、現在ではこの切迫性尿失禁に効く薬が作られたためほとんど治療可能となりました。

ちなみに、この切迫性尿失禁の原因には3つのパターンに分けられてきます。

切迫性尿失禁の原因その1

1つ目は「脳や脊髄の障害によるもの」になり、これは高齢の男女とも両方に多く見受けられます。一般の人であればおしっこを我慢することは簡単にできるのですが、神経の回路に障害がある場合はこの制御システムがうまく機能せず、膀胱に尿がたまると勝手に尿が出てしまうのです。

切迫性尿失禁の原因その2

2つ目は「膀胱の不安定性によるもの」で、これも高齢の男女ともに多く見受けられます。実はこれが一番多い原因であり、正直はっきりとしたことがわからないのですが、膀胱に尿がたくさんたまっていないにも関わらず尿が漏れてしまうのです。

切迫性尿失禁の原因その3

最後の3つ目は「膀胱炎、膀胱結石、尿結石、膀胱がんなどによるもの」で、これは中高年の女性に多いとされています。膀胱や尿道に炎症が起きて知覚神経が過敏になり、それが原因で尿が漏れてしまうということです。

初めの腹圧性尿失禁の場合などは尿の量は少なめという特徴があるので、尿漏れパッドに関して薄いものである程度は対処できるはずです。しかし、この切迫性尿失禁の場合は大量の尿が漏れることになりますので、周りの人へ迷惑や羞恥心、自責の念も非常に強くなってしまいます。ひどい人だとうつ病にまで発展してしまう人もいるほどです。そんな悩みを打ち明けられずに引きこもりになってします人も決して少なくはありません。今では改善の薬もしっかりと開発されています。もし切迫性尿失禁の疑いを感じるのであれば、一人で悩まずに泌尿器科の医師に相談することをいち早くオススメします。そうすることで元の生活に戻れるのは間違いないはずです。

尿道外尿失禁

生まれつきの障害や手術・治療などで尿管と膀胱が膣とつながり、おしっこが膣から漏れてしまう症状です。女性特有のまれな症状であり、いつも下着が濡れている状態になります。

先天的形態異常として、「尿管開口異常」や「尿道上裂」などがあります。正常な尿管は膀胱三角部の外側に開口していますが、この「尿道開口異常」になるとそれ以外の部位に開口してしまうことになるのです。これは女性が主であり、腎臓内に腎盂が2つあって、それぞれから尿管が出ている非常に珍しい病気となります。後、尿道、膣前庭、膣に尿管が開口するが多く、子宮頚管や子宮に開口するケースもあるのです。「尿管開口異常」による尿失禁の検査と診断なのですが、まず視診による診断で開口部位を発見することができます。具体的な治療としては、尿管の下を切り離して膀胱につなぎなおす手術をします。腎機能障害の程度によっては腎臓や尿管を摘出する場合もあるのです。

次に、後天的なものとしては「尿管膣瘻」や「膀胱膣瘻」などがあります。これらの病気は、膀胱と膣の間、もしくは尿管と膣の間に穴があき、交通路ができた状態をいいます。子宮がん、膀胱がんなど、骨盤内の腫瘍が広がったり、骨盤内の損傷や放射線照射の副作用が主な原因とされています。こちらの検査と診断なのですが、「排泄性腎盂造影」、「膀胱造影」、「逆光性腎盂造影」、「膀胱鏡検査」などによって、尿の膣への漏れを診断します。「尿管膣瘻」の場合は、瘻孔のある部位では尿管が狭くなり、上部尿路は拡張していることが多く見受けられます。瘻孔部位の確認は、「尿管膣瘻」ではインジゴカルミンの静脈注射、「膀胱膣瘻」では膀胱内注入により膣鏡で行うことになります。具体的な治療なんですが、瘻孔が小さければ尿を尿道に導くカテーテルをしばらく置いておくことで自然に治ることもあるそうです。この場合は細菌などが感染しないようにすることが非常に大事で、十分な抗菌薬を用います。それでもよくならない場合はやはり手術しか完治の方法はないとされています。

こちらの尿道外尿失禁の場合、先天性なのか後天性なのかをはっきりとさせ、カテーテルで済むのか手術が必要なのかを確かめる必要があります。どちらの症状にしろ緊急を要するには変わりませんので、これらの病気の疑いがある場合はすぐに泌尿器科への診断をするようにしなければなりません。

本来、排尿障害の治療と言えば膀胱機能障害の面からみられる傾向にありましたが、最近になって尿道括約筋の機能と障害の面から考慮されることになったのです。とはいえ、異論を唱える人たちが多いというのも事実であります。神経因性膀胱などによる機能的排尿障害の原因が、括約筋不全によるものと思われていることは上記でも説明しました造影検査でも明らかとなっています。しかし、これが排尿対策上の意義についてはまだまだ検討を行わないといけない点でもあるのです。

参考URL

女性は腹圧性尿失禁が60~70%を占める

女性の尿漏れはお腹に力を入れた際に尿が漏れてしまう腹圧性尿失禁が60~70%を占めています。年齢別に見ると20代が20%、30代が31%、40代が48%、50代が46%、60代が37%、70代以上が31%です。妊娠中は特に尿漏れを起こしやすいですが、これは一過性のものが多いためさほど心配はいりません。ただし出産後しばらくしてから尿漏れを起こすようになった場合、骨盤底筋が弱まっていることが考えられるので、トレーニングなどで膣の引き締めを積極的に行いましょう。

骨盤底筋を鍛えることで膣緩みが改善され、腹圧性尿漏れなら3人に2人は改善すると言われています。膣緩みが気になったら肛門や膣を締める、腹筋や背筋を鍛えるなど、普段の生活の中で尿漏れが起こりにくくなるように取り組みたいものです。

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。