膣のお悩み解消 HOME » 膣引き締めで得られる効果とは? » 外陰部(見た目)が引き締まる

外陰部(見た目)が引き締まる

外陰部の見た目改善の画像

膣の引き締め治療で、外陰部の見た目を改善

黒ずみやニオイケアであれば、デリケートゾーン専用のケア用品での改善も見込めますが、外陰部のたるみやしわはクリニック治療がもっとも効果的です。元は顔のアンチエイジングのための施術を女性器の若返りとして用いているためです。顔のリフトアップと同じ原理で、メスを使わず膣の中のコラーゲンを増やす施術や、自分の太ももやお腹の脂肪を採取して外陰部に注入する方法まで、様々な治療方法があります。

主に女性ホルモンの低下で外陰部がの粘膜が乾燥し、痩せてきます。たるみやしわの生じた外陰部の見た目は老けて見えるだけでなく、陰部の保護という役割も果たせなくなってしまいます。人によっては乾燥してヒリヒリする、下着で擦れて痛い、自転車に痛くて乗れないなど生活で支障も出るほどです。こうした違和感は閉経後の女性の約半数には起こるもので、外陰腟萎縮症と呼ばれています。

たるみや痩せた外陰部をふっくらとさせる治療を受けることで見た目の悩みや痛みを改善することができますので、1度クリニックで診察を受けることをおすすめします。

外陰部の悩みをみどり美容クリニックに相談する▶▶▶

ここからはクリニックで行っている外陰部のたるみやシワに有効な高周波治療や脂肪注入をまとめています。

高周波治療

高周波治療・サーミVA画像引用元:みどり美容クリニック・広尾 公式HP
(http://midocli.com/gynecology/thermiva.html)

サーミVAやビビーブなどの高周波をあてて皮膚を引き締めることで、大陰唇や小陰唇のたるみを改善します。高周波をあてることでコラーゲンの増生が促されるためハリもアップ。膣内環境の正常化も得られます。

膣の萎縮や乾燥も改善がはかれるため、かゆみやにおいといった悩みにも有効です。

サーミVA

痛みや処置後の負担がほぼなく、引き締めの効果は即実感できる高周波治療器。コラーゲンの産生で引き締めやたるみを改善するだけでなく、血流の増加により膣内の潤滑を正常にしてPH値を弱酸性に近づけることで、においの改善も期待できます。

施術時間 30分 ダウンタイム なし 料金目安 210,000円
(1回)

ビビーブ

「膣のサーマクール」とも呼ばれる膣専用の高周波治療です。照射可能な範囲が広く、処女膜から膣の奥までの広い範囲での治療が可能です。1回の施術で済み、ダウンタイムも1週間程度と短く、定期的な通院が難しい人に適しています。

施術時間 30分 ダウンタイム 7日 料金目安 280,000円

脂肪注入

大陰唇への脂肪注入

痩せてしまった大陰唇に太ももなどから採取した脂肪を注入して、ふっくらとさせる施術。生まれつきボリュームが少ない・年齢とともに痩せてしまった大陰唇をふっくらとさせるのに有効です。

自身の脂肪を使用するため安全で、仕上がりも自然になります。

施術時間 30分 ダウンタイム 3~7日 料金目安 420,000円

※施術時間や料金はクリニックにより異なります

女性器の見た目が気になる方は意外と多い

女性のデリケートゾーンの問題は誰にも言えない悩みなので、人との違いを比較するのが難しいものです。

膣の緩みは感度への影響や尿漏れなどを引き起こしたりするほか、その緩みによって見た目にも影響を及ぼすことがあります。特に大陰唇・小陰唇は年齢を重ねるにつれてハリがなくなり、皮膚のたるみも出てきます。

黒ずみなどの見た目を気にする方も多く、最近は女性誌などでもデリケートゾーンのお手入れを行う“フェミニンケア”がよく特集されているほどです。

大陰唇・小陰唇とは?

小陰唇は女性器の入り口にあるヒダであり、その小陰唇と太ももの付け根の間に脂肪組織の大陰唇があります。

大陰唇は衝撃などから性器を守るためにふっくらとしているのですが、年齢によってその見た目は変化していきます。特に多いのが大陰唇のしわやたるみ。これは加齢によるものや妊娠・出産に伴うものだと考えられています。

皮膚が妊娠・出産によって伸ばされることでたるんだり、外陰部の脂肪が萎縮したりすることでしわが生じます。

外陰部の見た目の変化は女性にとって歳を取ることで起こる自然現象です。

「たるみやしわがどうしても気になる」「悩む原因となっている」「擦れて痛い」といったように日常生活に支障がある場合は、まずはクリニックで相談してみるのがいいでしょう。

 

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。