HOME » 膣引き締めで得られる効果とは? » 湯だまりの解消

湯だまりの解消

お風呂でお湯が膣に入り、上がった時に流れてくる湯だまり。膣の緩みがその原因となる理由を解説します。

湯だまり解消の画像

湯だまりとは?

あまり聞きなれない「湯だまり」という言葉ですが、お風呂に入ったあとに膣に入っていたお湯が出てくる、女性なら一度は経験したことのあるような状態を指します。通常であれば膣は閉じているのでお風呂でもお湯が入ることはありませんが、膣が緩くなっているときちんと閉じることができずにお湯が入り込んでしまいます。特に出産をして骨盤底筋が伸びてしまった方は膣緩みが起きやすく、湯だまりが頻繁に起きることも。出産をしていなくても姿勢の悪さなどの要因によって膣周りの筋肉が弱くなった場合も、湯だまりが起きることもあります。膣に入ったお湯はお風呂から上がった時に、重力で下がって漏れてきます。風呂上りにお湯が出てくるのはとても不愉快ですし、下着を穿いていた場合は下着が濡れてしまうこともあるので、女性にとっては早く治したい症状です。

骨盤の歪みや膣の緩みが影響

お風呂上りにお湯が出てきてしまう湯だまりは、なかなか人には相談しにくいことです。今までは何ともなかったのに産後このような経験をすると「会陰切開をしたせい?」など悩んでしまう方もいます。会陰切開の傷跡が原因となる場合もありますが、膣の緩みや骨盤の歪みが原因となることがほとんどです。出産後しばらくたっても湯だまりが解消しない場合は、骨盤底筋が妊娠・出産でダメージを受けたまま治らず、伸びきった状態になっていると考えましょう。湯だまりは病気ではありませんが、毎回このような症状が起こるのは嫌な気分になってしまうだけでなく、膣内環境の悪化を招き膣炎の原因ともなりかねません。湯だまりを経験したら膣緩みやトレーニングを行いましょう。

膣の引き締めで湯だまりが解消

膣をトレーニングすることで緩みが解消されると、湯だまりも改善していきます。ゆっくりと呼吸に合わせて膣をぎゅっと締めるだけでもいいので、時間がある時はもちろんお風呂の中でもトレーニングをしてみましょう。お湯で体を温めると女性器の血流がアップするため、膣をゆっくりと締めたり緩めたりするだけでもエクササイズになり、効果を発揮できます。膣を引き締めれば骨盤底筋も鍛えることができ、お風呂の中できちんと膣が閉まるように。このようになればお湯が膣の中に入ることもなく、湯上りにお湯が流れ出てくることもなくなります。

サイト
監修

みどり美容クリニック・広尾 院長

みつゆきみどり医師

日本初の女性器専用超音波治療「ヴィーナスハイフ」をはじめ、高周波やレーザーによる施術など悩みごとのメニューが豊富に揃ったクリニック。医師やスタッフ全員が女性であり、女性器形成症例数3,000人以上の経験豊富な女医が施術を担当。カウンセリングに時間をかけて、一人ひとりの気持ちに寄り添った、優しい医療を受けることができます。

免責事項

このサイトは2016年9月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。