膣のお悩み解消 HOME » 膣引き締めで得られる効果とは? » ボディラインが整う

ボディラインが整う

膣の緩みがボディラインにも影響する理由は?引き締めによって得られる効果も紹介します。

ボディラインについての画像

加齢や出産によって、膣緩みが起きる

誰でも年齢を重ねると、あらゆる部分に老化現象が起こってきます。分かりやすいところでは顔や手のシワ、白髪、肌のしみなどが挙げられますが、膣のうるおいがなくなったり外陰部にたるみが出たりするなど、膣と膣周辺にも影響が起きやすくなります。

膣の緩みは骨盤底筋の力が弱くなることが原因で、老化以外にも出産や妊娠などが骨盤底筋の力に影響を及ぼしています。骨盤底筋の低下によって膣がゆるむと尿漏れや頻尿といった症状も引き起こされるため、出産や妊娠をしたことで以前よりも尿漏れや頻尿がひどくなった経験を持つ女性が多いようです。一般的には加齢や妊娠、出産によって骨盤底筋が衰えることが多いのですが、長時間のデスクワークをしている方も骨盤底筋が衰えやすいため、若くても注意が必要となります。

膣緩みがボディラインに影響を与える

骨盤底筋が緩んでしまうと、骨盤底筋に連動して動いている筋肉も緩みます。それに伴ってお腹がたるみ、ポッコリ出てしまうこともあるのです。つまり、膣緩みがお腹のたるみの原因の一つとなるため、膣緩みがある方はボディラインが崩れやすいと言えます。出産や妊娠によって骨盤底筋がダメージを受けるため、出産後にボディラインが崩れてしまったという方も多いでしょう。骨盤底筋は小さな筋肉ですが、ボディラインに影響を与えている筋肉なのです。

膣を引き締めることでボディラインが整う

膣緩みがお腹をたるませる原因になるということは、反対に骨盤底筋をトレーニングすれば腹筋が引き締まり、ボディラインがキレイに整うことになります。お腹が引き締まれば自然と姿勢も良くなりますし、姿勢が良くなると内臓も正しい位置に戻ります。すると体の代謝が良くなるため、体調も改善。膣の引き締めはボディラインが整うだけでなく体にとって良いことばかりなので、緩みに気づいたら放っておかずに引き締めるためのトレーニングや治療を行っていきましょう。

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。