膣のお悩み解消 HOME » 膣引き締めで得られる効果とは? » ベッドタイムが充実する

ベッドタイムが充実する

このページではセックスレス解消につながる「膣引き締め」についてまとめてみました。膣を引き締めることでパートナーとベッドタイムを充実させることができるため、膣の緩みに悩んでいる人はぜひ目を通してみてください。

ベッドタイムの充実

膣の緩みが招くベッドタイムの悩み

パートナーがいる女性にとって、膣の緩みはセックスの悩みに直接つながる大きな問題です。リラックスして愛する人とのセックスを楽しむのが一番ですが、膣の緩みによって上手く感じられない、イケないといった場合、パートナーとのベッドタイムを楽しむことができなくなってしまいます。夫婦の場合はセックスレスになった場合、今後の長い夫婦生活が辛くなってしまうこともあり得ます。膣の緩みに気づいたら、早め早めに解決方法を探しましょう。

そもそもセックスレスとは?

セックスレスとは身体の問題や精力の衰え、仕事の疲れ、ストレスなどが原因で1ヶ月以上セックスがなく、その後も長期に渡ってしないことが予想される状況を指します(1994年に日本性科によって定義)。

この場合、パートナーのどちらかがセックスを望んではいるけどできない場合に限定して指す言葉です。反対にお互い望んでいなくて関係が良好なら、その状況はセックスレスとはいいません。

あくまで1ヶ月と期間が定義されていますが、毎日セックスをしていた人たちが急にセックスをしなくなれば、それもセックスレスになってしまいます。つまり、定義はあるものの、実際にセックスレスだと感じる期間・感覚は人によって異なるということです。

セックスレスに陥ってしまうと、2人の関係をギクシャクさせてしまい、最悪のケースではお互いがお互いを想いながら別れてしまうという結果に至ることも。

男女ともにセックスレスになってしまうには様々な理由はありますが、パートナーに歩み寄って解決していくことがベストな解決法だといえるでしょう。

膣を引き締めるトレーニングを始めよう

彼や夫とのベッドタイムを充実させるなら、膣を引き締めるためのトレーニングを行いましょう。太ももの引き締めにはスクワットがおすすめです。

かんたんスクワット

足を肩幅に広げて踵が床から離れないように、上下にゆっくりと動きます。

この動きは性欲を刺激するパーツの活性化にもつながるため、今よりもベッドタイムを楽しみたい方にも効果的です。

スクワットなら歯磨きと一緒に行うこともできるので、歯磨きしながらゆっくりと15~30回程度やってみるのが無理なくできておすすめです。

橋のポーズ

時間がある方はヨガの橋のポーズにも挑戦してみましょう。

ヨガマットに横になり、両足を肩幅に開きます。お尻をゆっくりと上げると、これで橋のポーズが完成です。

お尻を持ち上げた状態で10秒キープし、これを3回行います。3回を1セットとして、10セットを目安に頑張ってみましょう。

このポーズは簡単ですがお尻をきゅっと引き締める効果が高く、腰や大殿筋、ハムストリング筋を強化することができます。

膣緩みの解消で、パートナーとともに喜びを

骨盤底筋をトレーニングすれば膣も引き締まり、セックスでの感度が高まります。トレーニングが上手くいかない方でも今は良い治療方法があるので、クリニックで相談・施術を受けることで膣緩みを解消することが可能です。

膣を引き締めることでセックスによるオーガズムを得られることができますし、ベッドタイムの充実感も得られセックスレス解消にも役立ちます。

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。