膣のお悩み解消 HOME » みんなが抱える膣緩みのコンプレックスとは? » 空気が入って気になるあの音とはもう無縁!

空気が入って気になるあの音とはもう無縁!

性行為中におならのような音が鳴って恥ずかしい思いをしたことがある方はいませんか。それは「膣ナラ」という生理現象の一つです。ここでは、その膣ナラについて解説します。

膣ナラとは?

膣ナラとは、膣のなかに空気が入り込んでしまうことで起こる現象です。膣のなかに入った空気が押し出されることでおならのような音が鳴ってしまうのです。

出産後のように膣のなかの空洞が広い状態になっていると、膣ナラが起こりやすいといわれています。また、性行為中やヨガなど普段あまりとらない体勢をしたときに、腹圧がかかるとおならのような音が出ることがあり、恥ずかしい思いをする方も多いようです。

この膣ナラはおならのような音はしますが空気なので臭いはありません。また、膣の緩さに関係なく偶然空気が膣のなかに入ったときも鳴るものだといわれていますが、膣内部がゆるんで広くなっていると、空気も入りやすくなります。

どんなときに鳴りやすいの?

特に鳴るのが恥ずかしいと感じるのは性行為中。膣ナラの出やすさは膣の潤いや体位、ストロークの深さが関係しているといわれています。行為中に入った空気が、セックス後の気を抜いた瞬間に出る場合もあるため、空気が中に残っている場合は膣口を軽く開いて空気を出してあげましょう。

性行為中に膣ナラを鳴らさないようにするには、スローセックスや音の鳴りやすい後背位などの体勢を避けることがポイントです。

また、膣ナラは、「骨盤底筋」が緩むことが原因で起こることもあり、骨盤底筋を鍛えることで膣ナラを改善することもできるといわれています。

普段の生活に骨盤底筋を鍛えるエクササイズを取り入れてみたり、場合によっては膣を引きしめる超音波やレーザー治療を受けるのもおすすめです。

最中に恥ずかしい思いばかりしていました 30代:Rさん

出産後、尿漏れが起こるようになり、お風呂あがりに膣からお湯が出て下着が濡れてしまうことが頻繁におこるようになってしまいました。

ネットで調べてみたら同じような悩みの方も多くて、すぐに膣トレーニングは始めました。夫とのセックスも再開しましたが、オナラのような音が出てしまい、ふたりともシラケて途中でやめることがあり、だんだんとセックスレスな状態に。すぐにでも二人目の子供が欲しがっていた夫との間もすっかり冷めきってしまいました。

あきらめずに膣トレーニングも続けていましたが思うような効果もでないので、超音波で膣を引き締める治療を受けました。痛みや出血もなくとてもラクでした。

施術を受けたあとは、だんだんと尿漏れや湯漏れもなくなってきてハリがでてきたのが自分でもわかりました。おかげで、あの不快な音も出なくなり夫とのセックスも戻りました。

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。