膣のお悩み解消 HOME » みんなが抱える膣緩みのコンプレックスとは? » 産後のセックスレスだって解消!

産後のセックスレスだって解消!

出産後はセックスレスになりやすい時期

全国500組の夫婦に行ったセックスに関するアンケート調査で、産後は7割近い夫婦がセックスレスになっているという結果が出ています。

その原因の1つといわれているのが、膣の緩み。出産後に膣の緩みが必ず起きるというわけではありませんし、反対に未経産の女性でも膣の緩みが起きるケースはあります。しかし、出産後に緩くなってしまうケースが多いのは事実です。

では、どうして出産後に膣が緩んでしまうのでしょうか。

膣の緩みは骨盤底筋が伸びてしまうことが原因

膣の緩みは骨盤底筋が衰えてしまうことに原因があるとされています。骨盤底筋は骨盤の底にある筋肉のこと。子宮や直腸、膀胱を支える働きに加え、膣や尿道、肛門を締める役割を持っています。

しかし、骨盤底筋は妊娠時・出産時に大きなダメージを受けやすく、出産時に筋肉が伸びて膣の緩みにつながります。骨盤底筋が伸びたままになってしまうと、くしゃみや咳をしたときに尿漏れを起こしたり、ひどい場合だと膣から膀胱や子宮が出てしまう子宮脱を引き起こしたりしてしまう可能性があるのです。

膣の緩みでセックスレスになることも!?

膣の締まりが悪くなることでパートナーとのセックスで気持ちよくなれず、パートナーに指摘されてだんだんとセックスレスに陥るケースも多いようです。

出産後に「最近膣が緩いかも?」「セックスで感じなくなった」と感じたら、出産による膣の緩みが原因かもしれません。

膣のゆるみは、トレーニングや治療で改善することが可能です。骨盤底筋を鍛えることで、膣の締まりが改善されセックスの感度もアップ。出産後のセックスレスを予防・改善していきましょう。

実際に産後セックスレスになり、その後解消した方の体験談を紹介します。

2人目出産後からご無沙汰に 30代:Aさん

最初の出産のときはセックスの再開になんの問題もありませんでした。でも2人目を産んでから、夫の帰宅が遅くなるようになりました。私がしたくて夫にアピールしても「明日も朝早いから」と拒絶されます。そのことで、喧嘩になったこときに「緩いからその気になれない」と言われました。ものすごいショックでみじめな気持ちになりました。

膣を引き締めるレーザーというのがあると知り、すぐに専門のクリニックにいきました。『子供もいるので入院は無理かな…』とか心配していましたが、今は日帰りでできるレーザー治療だと聞いて、すぐに膣縮小の手術を受けることにしました。術後は夫の帰りも早くなり、前より締まりが良くなったと満足してくれてセックスの回数も増えています。

セックス以外、夫婦仲は順調 40代:Nさん

出産後は育児に追われ、いつの間にかセックスレスになりました。でも夫との会話も普通だし、人並みに仲のいい夫婦だという気持ちでいたので、セックスレス夫婦の離婚問題などがテレビや雑誌で取り上げられるたび『離婚は大げさ』だと思っていました。

でも、『もうしなくてもいい』と思っていたわけでもなく、ただなんとなくタイミングが合わないまま夫もきっとそうなんだろうなと放置して時間だけ過ぎていきました。そして、お風呂あがりなどに鏡で自分のカラダを見て『これじゃ夫もセックスしたくないよなぁ…』と思うことさえありました。

尿漏れも少しあり、そんなことも自分のセックスしたいという気持ちを抑えていたんだと思います。それだけでなくお風呂あがりにお湯が膣から流れ出て内腿をつたったときには、さすがにこのままじゃいけないと思い、専門クリニックへ行きました。治療は15分くらいだったので本当にこんなので治るのか不安だったくらいでした。でも1週間くらいしてからカラダの変化がわかりました。治療のことは夫にも話していたので、そのせいかもしれませんが、なんとなく夫とのセックスが戻りました。最近は、肌のツヤがあるとか明るくなったと言われることが多くなり、とても幸せです。

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。