膣のお悩み解消 HOME » クリニックで受けられる膣引き締め治療の種類 » 膣縮小術

膣縮小術

膣の引き締め治療のひとつ「膣縮小術」について調べました。体験者の口コミもご覧ください。

膣縮小手術の画像

膣縮小術での膣引き締めとは

膣縮小術とは、出産や加齢により緩んでしまった膣の入り口を小さくする施術です。

「パートナーが不満足なのかもしれない」「出産後の膣緩みが気になる」「入浴しているとお湯が入りやすい」といった悩みを、膣を縫い縮めることにより確実に解消します。

手術は静脈麻酔や局所麻酔を使用して1時間程度になります。手術といっても術後の抜糸は必要なく、翌日からシャワーが可能です。一人一人の膣の状態や悩みに合わせて手術をするため、しっかりとしたカウンセリングや話し合いの場がもたれます。

粘膜の部分だけでなく筋肉まできちんと縫合しているクリニックを選ぶことで効果が長続きし、ほとんどの場合半永久的に効果を実感できます。

手術は子宮近くで行われるため、膣縮小術では高度な技術が求められるので、女性器手術専門のクリニックを選ぶのがおすすめです。

膣縮小術の施術方法

膣縮小術では膣の広がり方や希望を組み入れて、どこまで引き締めるかを医師が判断します。膣の広がり方が中程度の場合は入り口付近の施術が主となり、大きく広がっている場合は膣壁ごと縮小するように施術することもあります。

手術内容は個人によって異なりますが、会陰部や会陰小帯、粘膜の切除や、筋層を剥離して縫合するなどです。だいたい1~3時間程度の手術なので、日帰りで受けることができます。傷跡も目立つことなく、見た目では分からなくなります。

ただし、膣縮小術は膣引き締め治療のなかでもダウンタイムが長いのが特徴です。「セックスは1ヶ月半しない」「激しい運動は1ヶ月程度避ける」「自転車の使用を控える」「出産予定がある方は受けられない可能性が高い」など、手術ならではの注意点もあります。入院は必要ないとはいえ、術後は腫れや内出血、患部が硬くなるなど違和感は出るため、安静に過ごせるようにスケジュールの調整をした方が良さそうです。

膣縮小術の料金の目安

一般的に40万円前後で受けられる手術となります。

麻酔の種類が選べるクリニックでは使用する麻酔によって料金も変わる場合があります。また、1度の手術でヒアルロン酸注入や小陰唇縮小術など他の施術と組み合わせて受ける人もいるようです。希望や悩みがあればカウンセリング時に医師に相談することをおすすめします。

膣縮小術での口コミ体験談

  • 出産と加齢のため、膣のゆるみが気になっていましたが、誰にも相談できず、悩んでいました。緊張や恐怖がありましたが、麻酔が効いているうちに終わるのであっという間でした。術後3日間は痛みが強かったので生活が少し大変でしたが、その後の痛みや出血はなく、1ヶ月経つころには違和感も消えました。コンプレックスがなくなり、自分に自信が持てるようになったのが嬉しいです。
  • 昔から膣のゆるみが気になっていて、勇気を出して施術を受けました。当日は緊張しましたが、想像していたほどの痛みもなかったです。仕上がりにも満足で、これから気にせずに生活ができると思うと本当に受けて良かったなと思います。
  • 見えない部分ですがすごく気になっていてずっとコンプレックスでした。最近は価格も下がったことで、ようやく決心をして手術を受けることにしました。麻酔で寝てしまっている間にほとんど終わっていましたし、その後も痛み止めで我慢ができました。一週間たつとひきつれや出血も収まりました。ダウンタイムは少しありますが、手術して心が軽くなったのが嬉しいです。

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。