HOME » 膣を引き締める方法その2クリニックで膣縮小術 » レーザー

レーザー

レーザー治療による膣引き締め方法を紹介しています。体験者の口コミも調べました。

レーザーでの膣引き締めとは

引用元:みどり美容クリニック公式HP
(http://midocli.com/gynecology/vtightening.html)

レーザーでの膣引き締めとは

レーザー治療は緩みが気になる膣内部にレーザーを照射することで膣を引き締めることができる施術です。レーザーはCO2レーザーやエルビウムYAGレーザー(Vタイトニングレーザー)などクリニックによって導入しているマシンが異なります。複数回治療が必要なものや、1度で効果が実感できるものなど様々ですので事前によくカウンセリングを受けましょう。ビビーブの場合、膣口から2~3cmしか施術できないのに対し、レーザーは膣全体を治療できるのがメリットになります。施術にかかる時間は15分~30分程度。基本的に当日はシャワーのみですが、翌日からお風呂に入ることもできるので手軽に治療を受けたい方にぴったりです。

レーザーの施術方法

レーザー治療では膣の奥から入り口付近まで、全体的にレーザーを照射することで、膣を全体的に引き締めることができます。施術の効果は使用するマシンによって変わります。
「CO2レーザー」は膣全体にレーザーを照射することで細胞の水素結合が分裂して、瞬時に膣内が引き締まります。性交痛やかゆみ、ほてりの改善にも効果的です。コラーゲン生成を誘導することで膣壁が厚くなり、膣圧もアップします。費用は1回10万円程度です。3回程度の照射が必要となります。

エルビウムYAGレーザーはCO2レーザーと比べるとパワーが低いといわれていますが、VタイトニングレーザーはエルビウムYAGレーザーの中でも独自の「スムースモード」と呼ばれる特許を取得した波長で1度の施術でも効果が実感出来るレーザーです。同じエルビウムレーザーでも種類が異なりますので注意しましょう。Vタイトニングレーザーは患者様の満足度97%、平均膣圧60%アップというデータがあるようですので、効果を重視したい方にもおすすめです。ダウンタイムが3日間程度と短く、閉経後の方でも施術ができます。また膣内部全体だけでなく、膣内部奥から膣開口部、小陰唇まで照射することが可能です。

レーザーでの口コミ体験談

サイト
監修

みどり美容クリニック・広尾 院長

みつゆきみどり医師

日本初の女性器専用超音波治療「ヴィーナスハイフ」をはじめ、高周波やレーザーによる施術など悩みごとのメニューが豊富に揃ったクリニック。医師やスタッフ全員が女性であり、女性器形成症例数3,000人以上の経験豊富な女医が施術を担当。カウンセリングに時間をかけて、一人ひとりの気持ちに寄り添った、優しい医療を受けることができます。

免責事項

このサイトは2016年9月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。