膣のお悩み解消 HOME » クリニックで受けられる膣引き締め治療の種類

クリニックで受けられる膣引き締め治療の種類

膣を引き締める方法として、クリニックでの膣縮小術について紹介します。

膣を引き締める施術の種類は

女性ならではの悩みである膣の緩み。デリケートな悩みなため、人に相談しづらいという方も多いのではないでしょうか。女性器を扱うクリニックでは超音波やレーザー、高周波などさまざまな治療法で膣の緩みを改善できます。このカテゴリでは膣引き締めに関する情報を詳しく紹介。施術方法や実際に施術を受けた方の口コミなどもまとめていますよ。こちらの情報を参考にしつつ、実際に施術を受ける際は医師に相談し、自分に合った治療法を提案してもらいましょう。多くの患者さんを診てきた医師だと、一人ひとりにあった治療法を提案してくれるはずです。安全かつ効果を期待できる施術を受けるためにも、施術の前には1度診察を受けてみてくださいね。

  超音波 レーザー 注射 高周波 膣縮小術
施術時間 30分 30分 10分 30分 40~60分
ダウンタイム なし 3日~2週間 1週間 1週間 6~8週間
痛みや出血 なし なし 注射時の痛み なし 術後の痛みあり
効果の実感 即時 即時 即時 1ヵ月後~半年後 即時
持続時間 1回の施術で1年 1回の施術で2〜2年半 1回の施術で2年~半永久的 1回の施術で半年〜1年 1回の施術で半永久的
閉経後の可否 不可
費用目安 20万円~ 10~30万円 25~45万円 20~30万円 40万円

超音波

メスを使用せずに膣引き締めが可能な超音波治療。皮膚の粘膜やその下の筋層に超音波を当てることによって膣を引き締めます。超音波治療の中でも注目を集めているのは「ヴィーナスハイフ」。世界で初めて超音波施術のために作られた機器で、今まで届かなかった層まで超音波を照射できます。施術方法は超音波を発するカートリッジを膣に挿入して照射するだけ。周波数や奥行きの異なるカートリッジが3種類あるため、一人ひとりの膣に合わせて使用できます。挿入後は360度全てに超音波がいきわたるようになっているため、より効果を期待できますよ。1度治療を受けると効果が1~2年続くのも魅力です。痛みや出血などは一切なく、治療を受けた当日からいつもの生活に戻れます。他の施術では効果を感じられなかったという方にも向いている治療法です。

レーザー

膣内部にレーザーを照射することで膣を引き締める施術です。レーザーの種類はいくつかあるので受けたいマシンがあるかどうかをクリニックに確認しましょう。15~30分程度の短い時間で膣全体を治療することができます。

注射

ヒアルロン酸を注入することで膣をふっくらさせ、引き締める方法です。効果は1~2年程度ですが膣の入り口付近に注入するだけでいいので、最も手軽に膣緩みを解消できます。最近は半永久的な効果をもたらす注射もあるので、クリニックに確認しましょう。

高周波

高周波治療は高周波エネルギーによって膣を引き締める治療法です。使用される機器には「ビビーブ」「サーミVA」などがあります。高周波エネルギーを膣付近に当てることによって、熱が発生しコラーゲンが増加。膣の粘膜が厚くなることで、引き締め効果が得られるのです。更にコラーゲンを修復することでたるんだ皮膚にハリが出てアンチエイジング効果も期待できるのだとか。メスを使用しないため、痛みや出血などは一切ありません。施術後7日間ほどは性交渉を控える必要がありますが、それ以外の制限はなく施術を受けたその日から日常生活に戻ることが可能です。巷で噂の膣トレやメスを要する施術は避けたいといった方にも向いていますよ。1度照射すると1年程効果を持続させることが可能です。閉経後は治療を受けてもホルモンバランスのせいで引き締め効果を感じにくくなってしまう場合があります。事前に先生に相談してから治療を受けるようにしましょう。

膣縮小術

メスを使って直接膣を縮小させていく施術です。治療方法のなかではもっともダウンタイムが長いですが一度受ければ半永久的な効果が望めます。

【監修協力】みどり美容クリニック

このサイトを監修協力して頂いたみどり美容クリニックで受けられる、膣縮小術の治療について紹介します。クリニックの特徴から施術の種類、費用、院長についてご覧ください。

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。