HOME » 膣を引き締める方法その2クリニックで膣縮小術

膣を引き締める方法その2クリニックで膣縮小術

膣を引き締める方法として、クリニックでの膣縮小術について紹介します。

膣を引き締める施術の種類は

女性器を扱うクリニックでは、膣の引き締めを行うためにさまざまな施術の種類を用意しています。このカテゴリでは各施術の種類について詳しく紹介。それぞれの特徴や口コミを見てみましょう。

超音波

メスを使わずに超音波で膣を引き締める施術です。世界初の最新機器であるヴィーナスハイフなどが種類にあたります。一度治療すれば効果が1~2年続きますし、痛みや出血もなく手軽に治療を受けられます。

レーザー

膣内部にレーザーを照射することで膣を引き締める施術です。レーザーの種類はいくつかあるので受けたいマシンがあるかどうかをクリニックに確認しましょう。15~30分程度の短い時間で膣全体を治療することができます。

注射

ヒアルロン酸を注入することで膣をふっくらさせ、引き締める方法です。効果は1~2年程度ですが膣の入り口付近に注入するだけでいいので、最も手軽に膣緩みを解消できます。最近は半永久的な効果をもたらす注射もあるので、クリニックに確認しましょう。

高周波

高周波エネルギーを使って膣を引き締める方法です。メスを使わないのでダウンタイムが少なく、1回の施術で1年間効果を持続させることができます。膣周辺のコラーゲンを修復するので、アンチエイジング効果があります。

膣縮小術

メスを使って直接膣を縮小させていく施術です。治療方法のなかではもっともダウンタイムが長いですが一度受ければ半永久的な効果が望めます。

1度の通院で効果が期待できる治療

最近は手軽な治療が増えていますが、なかなかクリニックに通う時間がないという方も多いでしょう。そんな方におすすめしたいのが一度の通院で効果がでる治療法です。どのような治療なのか、紹介します。

【監修協力】みどり美容クリニック

このサイトを監修協力して頂いたみどり美容クリニックで受けられる、膣縮小術の治療について紹介します。クリニックの特徴から施術の種類、費用、院長についてご覧ください。

サイト
監修

みどり美容クリニック・広尾 院長

みつゆきみどり医師

日本初の女性器専用超音波治療「ヴィーナスハイフ」をはじめ、高周波やレーザーによる施術など悩みごとのメニューが豊富に揃ったクリニック。医師やスタッフ全員が女性であり、女性器形成症例数3,000人以上の経験豊富な女医が施術を担当。カウンセリングに時間をかけて、一人ひとりの気持ちに寄り添った、優しい医療を受けることができます。

免責事項

このサイトは2016年9月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。