膣のお悩み解消 HOME » 膣の緩みの原因やチェック法を紹介 » 骨盤底筋と尿漏れの関係性

骨盤底筋と尿漏れの関係性

骨盤底筋を鍛えて膣圧アップ

膣は、加齢や出産、肥満など筋力低下や腹部の圧迫が原因で緩みます。「若いから尿漏れや病気とは無縁」なんてことはあり得ません。普段から膣の緩みを左右する骨盤底筋を鍛えておかなければ、後悔することになりますよ。骨盤底筋の働き、筋力低下で起こる症状・病気、トレーニング方法をまとめているので、膣の緩みが気になる女性は必ず目を通してください。

骨盤底筋とは?

骨盤底筋とは、膣の緩みに影響する骨盤内の筋肉。女性なら、骨盤が器のような形状をしているのはご存知だと思います。その器の底に敷き詰められたような筋肉が骨盤底筋です。

骨盤底筋には、大きく分けて3つの働きがあります。1つ目は内臓を支える働き、2つ目は肋骨の代わりに臓器を守る働き、そして3つ目は「尿漏れを防ぐ働き」です。

尿漏れを防ぐ筋肉という時点でお気づきかもしれませんが、骨盤底筋は排便や月経のコントロールも担っています。

骨盤底筋の筋力低下が招く症状

骨盤底筋の筋力が低下しているかどうか、最も分かりやすい症状は尿漏れです。お腹に力を入れても膣が締まらなくなってしまいます。「尿漏れしていないから大丈夫」という女性も安心してはいけません。骨盤底筋が衰えると起こる問題はほかにもあります。

下腹が出ている人も骨盤底筋の筋力が不足している可能性大。内臓の重みに耐えられないほど骨盤底筋が衰えると、内臓の位置が本来よりも下がってしまい、ぽっこりお腹になるのです。これらの症状を放置していると、身体全体のバランスが崩れます。症状について、もっと詳しく見ていきましょう。

尿漏れ

「尿漏れ」は、たくさんの女性が経験している症状です。尿漏れの最も大きな原因は骨盤底筋の筋力低下。ただ年を取るだけでも骨盤底筋の筋力は衰えます。出産を経験している女性は、筋力低下だけでなく骨盤底筋を傷めているかもしれません。また、肥満も骨盤底筋を傷める原因の1つなので、「40代・子だくさん・メタボリックシンドローム」という三拍子が揃っている人は特に注意してください。

女性の尿漏れのうち、60~70%は「腹圧性尿失禁」という病気です。力んだり、お腹に負荷がかかったりすると尿が漏れてしまうのが特徴。放っていると、症状は治るどころか悪化するばかりですよ。骨盤底筋を鍛え直せば症状は改善します。骨盤底筋が原因で起こる尿漏れの具体的な症状と、鍛えるポイントを解説しています。

子宮脱

骨盤底筋が弱ると内臓を支えられなくなるのですが、その結果起こり得る病気の1つが「子宮脱」です。本来なら骨盤内にあるはずの子宮ですが、骨盤底筋が弱ると子宮位置はどんどん低下。最終的に膣から出てきます。これが「子宮脱」です。ピンポン玉のようなものが膣から出ていたなら、子宮脱と見て間違いないでしょう。子宮だけでなく、膀胱や直腸も一緒に下がって膣から出てくると、下着に擦れて出血したり、化膿したりと恐ろしい状態になります。

一度子宮脱になってしまうと、自然に治ることはありません。そうならないように、日頃の骨盤底筋トレーニングを欠かさないことが大切です。産後は骨盤底筋が緩みがちなので、念のために婦人科検診を受けて早期発見を心がけましょう。

便秘

排便をコントロールする骨盤底筋が弱ると、「直腸性便秘」になります。どんなにお腹に力を入れているつもりでも便が出てこなかったり、以前よりも便が硬いと感じたりする人は高確率で直腸性便秘です。これらの症状は、骨盤底筋の伸びや緩みが原因ではありません。直腸性便秘になると、肛門周囲の筋肉は常にキュッと緊張した状態にあり収縮できない状態。骨盤底筋の筋力が足りないために、肛門周囲の筋肉を緩められないのです。原因は、骨盤底筋の筋力不足のほかに、心理的緊張が影響しているケースもあります。

直腸性便秘の症状に心当たりのある人は、骨盤底筋の働きを正常にするストレッチと精神状態をリラックスさせる方法の両方を試してみてください。

その場でできるトレーニング法

骨盤底筋を鍛えられる代表的なトレーニング法は「ケーゲル体操」です。簡単なのに、尿漏れ・子宮脱・便秘のすべてを予防できる体操なので、膣の緩みが気になる人はチャレンジしてみましょう。

ケーゲル体操のやり方

  1. 肩幅くらい足を開いた状態で椅子に座ります
  2. 背筋を伸ばして正面を見つめます
  3. 背筋を伸ばしたまま肩の力を抜いてリラックスします
  4. 肩はリラックス状態で肛門と膣だけを5秒間意識的に締めます
  5. キープし終えたらゆっくりと力を抜きます

1~5までの流れが基本の1セットです。2セット目以降は3~5を繰り返しましょう。1日のトレーニング数は、5セット×5回が理想。

トレーニングのタイミングは問いません。テレビを見ながらでも、お風呂中でも、余裕がある人は電車の中でもOK。ケーゲル体操は大きな動きを必要としないトレーニングなので、いつでもどこでもできるのが魅力です。トレーニングを習慣化して、困った症状や恐ろしい病気を防ぎましょう。

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。