膣のお悩み解消 HOME » 膣の緩みの原因やチェック法を紹介 » 膣が緩む原因は?

膣が緩む原因は?

膣の緩みの原因は何か。考えられる代表的な原因を紹介します。

膣緩みの原因の画像

膣の緩みの原因は

膣の緩みは自分で気づきにくく、パートナーから指摘されて初めて気づくことが多いようです。膣の緩みは性体験の多さが関係していると勘違いしている方もいますが、実際には膣の緩みにはさまざまな原因が考えられます。要因となる代表的な原因を紹介します。

妊娠、出産

膣の緩みの大きな原因となるのが出産です。赤ちゃんが膣を通って産まれるため膣が緩むと誤解しがちですが、原因となるのは妊娠中に胎児や子宮を支え続けることで負担がかかった骨盤底筋が分娩時にさらに引き延ばされてしまうこと。出産直後に体を休めることで自然と元に戻ろうとしますが、筋力の衰えやダメージが大きすぎて上手く収縮できないようになってしまうことがあります。

難産、高齢出産だった、多産の場合、膣が緩むリスクは高まります。

加齢

人間は年齢を重ねるとさまざまな部分に衰えを感じます。それは骨盤周りの筋肉にも言えることで、加齢によって膣や周りの筋肉、靭帯などが緩んでしまい、膣の緩みを感じやすくなります。また全身の筋肉量が減ることで体内のコラーゲンも少なくなり、膣の緩みにつながります。

姿勢

姿勢を正すとお尻の筋肉や膣がキュッと引き締まるのを実感できますが、反対に姿勢が悪い場合は筋肉が緩み、それが原因となって膣が緩んでしまいます。内股、猫背は要注意です。

肥満

肥満によってお腹や太ももなどがたるみやすくなりますが、特に下腹部に脂肪がついている方は要注意です。下腹部の脂肪が原因となり骨盤底筋が弱ることで、膣の締まりが悪くなることがあります。見た目は痩せていても皮下脂肪の多い人も同様です。

便秘

排便まで時間がかかる方は、いきむことで骨盤底筋が伸びている時間も長くなっていることがあります。これも膣の緩みにつながります。

女性ホルモンの減少(更年期)

更年期前後は女性らしい丸みを作り出す女性ホルモンの1つ、エストロゲンが減少してきます。エストロゲンの分泌が減ると膣壁の血管も細くなります。膣壁の血管が細くなると細胞が薄くなることもあり、膣圧が低下してしまいます。また弾力性のある粘膜が減ることで膣口が小さくなったり、外陰部が薄くなったりもします。過去の出産経験も手伝って骨盤底筋の筋力も弱まり、膣がゆるむ状態に陥ってしまいます。

冷え

お腹やお尻に手を当てた際、自分の手の方が温かいと感じる場合は子宮が冷えている可能性が高いです。子宮の冷えにより生理痛が重くなる、子宮周りの血流も悪くなるため卵巣機能まで低下し、女性ホルモンの分泌が乱れ更年期の症状もさらにひどくなります。直接的ではないにせよ、冷えは女性の体にさまざまな不調をもたらします。氷のたくさん入った冷たい飲み物を控える、湯船に浸かるようにする、腹巻やカイロを利用するなどして少しでも冷えを取るように心がけてください。

重いものを持ち上げる

常に重いものを持ち上げるような仕事をしている場合、重いものを持ち上げるときに腹圧が高まり、瞬間的に内臓が外へと押し出されることになります。

生活習慣も気を付けたい

膣の緩みの代表的な原因のほかにも、生活習慣が関わっていることもあります。出産経験がなく、肥満もないといった女性でも、毎日デスクワークで運動を全くしない場合、運動不足によって筋力低下を招くこともあります。膣の緩みを防ぐには、日々の生活に運動を取り入れて健康的に過ごすことも大切です。

膣周りの環境

膣周りの環境は劣悪!?

膣は尿道や肛門にも近く、多くの細菌で不潔になりがちです。実際、男性に比べて女性の方が膀胱炎になりやすいと言われていますが、これは尿道から大腸に棲んでいる菌が侵入してしまうことで引き起こされる病気で、排尿後の不快感や痛みなどの症状が出ます。

これも、肛門付近に付着した菌が膣に棲みつき、それから尿道、膀胱へと侵入していくという経路を辿ります。

その他にも膣やその周辺を不潔にしておくことが原因となって引き起こされる感染症などもありますので、まずはできるだけ清潔にしておきたいものです。清潔にするといっても、特別なことをする必要はありません。膣の中を洗いすぎてトラブルが起こることもあります。お風呂に入った時に、刺激の少ない洗浄剤で膣口周辺のデリケートゾーンを丁寧に洗浄すれば大丈夫です。

お尻の拭き方、どうしていますか?

排尿後、トイレットペーパーで拭き取る時に、みなさんはどのようにしていますか?便は前から後ろに拭き取るという方が多いのですが、尿でも同じことをしている、ゴシゴシと擦っているという方はいませんか?尿を拭き取る時はトイレットペーパーを動かさずに尿道に軽く押しあて、尿を拭き取るようにすると良いそうです。

お尻の拭き方が原因で膀胱炎などのトラブルを引き起こすこともあります。膣周りをできるだけ清潔に保てるように、正しく排泄物を拭き取りましょう。

膣にもケアが必要です

膣ケアが必要なのはなぜなのでしょうか?

女性ホルモンであるエストロゲンが低下するから

さまざまな菌があり、清潔に保つことは難しい状況にありながら、感染症などの病気にならないのは、膣の中は強酸性に保たれているので、細菌の繁殖を抑えることができるからです。つまり膣には自浄作用があるというわけです。

しかし、女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると、膣の自浄作用も低下してしまいます。

一般的にエストロゲンは40歳頃から減少し、50歳頃になり更年期が終わると、ほとんど分泌されなくなってしまいます。老年期に入ると、さまざまなトラブルが出やすくなるのはそのためです。ですから、40歳を過ぎたら膣ケアをする必要があるのです。

骨盤底筋が衰えたり、ゆるむから

また、子宮や膀胱などを支えている骨盤底筋の位置は骨盤の底、膣や肛門周辺にある筋肉です。大切な臓器を支えているにもかかわらず、場所的にどうしても出産によって傷付いてしまいます。ほとんどの方は産後徐々に回復しますが、産後はこの骨盤底筋を鍛えていく必要があります。

この骨盤底筋の衰えやゆるみこそ、膣ゆるみの主な原因のひとつです。また膣ゆるみだけではなく尿漏れや体型の崩れ、過活動膀胱(急に強い尿意をもよおし、我慢できなくなる症状です)、便秘などのさまざまな症状が出てしまいます。

出産を経験していなくても、40歳以降は骨盤底筋の衰えやゆるみが原因となるトラブルに悩む人は多いのです。年齢が若い人にも骨盤底筋のゆるみによる症状に悩む人は多いので、年齢を問わず鍛えた方が良い筋肉といえます。

膣が冷えやすい生活習慣の人が多いから

年齢が若いのに骨盤底筋が衰えている人がいるというのも、膣の冷えが原因と言われています。スマホやパソコンを多く見ていたり、夜ふかし、寝不足、疲労の蓄積、ストレス、緊張など日常的に繰り返しているこれらの習慣が膣を冷やしています。下半身が冷えやすいという人は膣も冷えている可能性があります。冷えた膣は乾燥して硬くなり、性交痛などの他、生理不順や生理痛、頭痛、肌荒れなど美容と健康への影響も出てしまいます。これも骨盤底筋を鍛えることが大切。膣ケアをすることででコントロールできるようになります。

つまり膣ゆるみは、女性なら誰でも経験すること、といえます。年齢問わず、膣のケアをすることが必要です。

膣ケアとは何をすれば良いのでしょうか

ケアその1 膣を冷やさない生活習慣を

膣ケアのため以外にも、美容と健康のために夜更かしは避け、できるだけ成長ホルモンが分泌される22時から2時の間、いわゆるシンデレラタイムには休めるのが望ましいです。でもなかなかそうもいかないかもしれません。それでもせめてこの時間帯にはスマホやパソコンなどを見ることはやめて、ゆっくりとお風呂に入って温まったり、ストレッチやヨガなどをするなど、アロマオイルやヒーリングミュージックなどを活用して、寝る前にリラックスできる時間を作りましょう。夜はできるだけ冷たい飲み物は避けて白湯やハーブティーなど体の中から温めてあげましょう。

ケアその2 お風呂タイムに膣ケアを

お風呂に入る前に、スキンケア用のオイル(オリーブオイルやセサミオイルなど)を使用してデリケートゾーンのマッサージをするのがおすすめです。汚れを落としつつ、潤いを与えることもできます。

その後、洗い流しますが、体と同じ石鹸をつけ、ボディタオルでデリケートゾーンもゴシゴシと洗っていませんか?デリケートゾーンといわれる膣口周辺の外陰部小陰唇は粘膜でできていて角質も薄く、本当にデリケートなのです。専用の石鹸などで優しく手洗いをしましょう。膣口周辺だけでなく、デリケートゾーン全体を手で洗います。

湯船に入ってゆっくりと温まりましょう。

ケアその3 膣のトレーニングをしましょう

骨盤底筋を鍛えましょう。ゆるんだり硬くなってしまった膣の状態が改善します。 産婦人科クリニックや整体などでも骨盤底筋を鍛える施術をしてくれるところがあります。専門家のアドバイスを聞くのが一番ですが、毎日手軽にできるエクササイズを始めてみませんか?

膣トレを始めましょう

まずは、年齢問わず衰えたりゆるみやすい骨盤底筋を鍛えることが大切です。でも、男性の骨盤底筋の鍛え方と女性は少し異なります。男性に比べて女性は子宮がありますので、臓器も多く、肛門、膣、尿道と3つ穴があります。それで骨盤底筋も大きく、複雑に重なり合っていますので、男性のように収縮させることが難しいのです。そのため、前から後ろまでしっかりと鍛えることが必要なのです。

「膣トレ」という言葉がよく聞かれますが、大体お尻に力を入れて、膣をギュッと引き締めるトレーニングをするエクササイズや膣トレグッズなどが多いです。でも、力を入れて引き締めることばかり意識をしてはいけません。「引き締める」「ゆるめる」を繰り返し、最後に「ほぐす」ことが大切です。

毎日の生活の中で気軽に「膣トレ」

寝る前に「膣トレ」ヨガ

「橋のポーズ」

  1. 仰向けになり、膝を立てて腰幅に開く。両手は体の横に手のひらを下向きにしておく 息を吐きながら手のひらで床を押すように、腰をゆっくりと上げる。お腹を斜め上に突き出すようなイメージで。
  2. お尻を引き締め、肛門あたりにキュッと力を入れてゆっくりと呼吸を繰り返しながら30秒キープ
  3. 息を吐きながらゆっくりと腰を下ろしてリラックス

「弓のポーズ」

  1. うつ伏せになり、両手は体の横に手のひらを上向きにしておく
  2. 膝を曲げ、両手で両足首をつかみます。顎は床につけます
  3. 息を吸いながら手で足を引っ張り上げるように持ち上げます。視線は斜め上方をみます。
  4. お尻を引き締め、肛門あたりにキュッと力を入れてゆっくりと呼吸を繰り返しながら30秒キープ
  5. 息を吐きながらうつ伏せになってリラックス

ヨガのストレッチを寝る前に取り入れることで、心と体が安定するのを感じるでしょう。美容と健康のためにも膣トレ、始めませんか?

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。