膣のお悩み解消 HOME » 膣の緩みの原因やチェック法を紹介 » 膣が緩む原因は?

膣が緩む原因は?

膣の緩みの原因は何か。考えられる代表的な原因を紹介します。

膣緩みの原因の画像

膣の緩みの原因は

膣の緩みは自分で気づきにくく、パートナーから指摘されて初めて気づくことが多いようです。膣の緩みは性体験の多さが関係していると勘違いしている方もいますが、実際には膣の緩みにはさまざまな原因が考えられます。要因となる代表的な原因を紹介します。

出産

膣の緩みの大きな原因となるのが出産です。赤ちゃんが膣を通って産まれるため膣が緩むと誤解しがちですが、原因となるのは妊娠中に胎児や子宮を支え続けることで負担がかかった筋肉や分娩時に引き延ばされた筋肉が、出産後上手く収縮できないようになってしまうからです。

加齢

人間は年齢を重ねるとさまざまな部分に衰えを感じます。それは骨盤周りの筋肉にも言えることで、加齢によって膣や周りの筋肉、靭帯などが緩んでしまい、膣の緩みを感じやすくなります。また全身の筋肉量が減ることで体内のコラーゲンも少なくなり、膣の緩みにつながります。

姿勢

姿勢を正すとお尻の筋肉や膣がキュッと引き締まるのを実感できますが、反対に姿勢が悪い場合は筋肉が緩み、それが原因となって膣が緩んでしまいます。内股、猫背は要注意です。

肥満

肥満によってお腹や太ももなどがたるみやすくなりますが、特に下腹部に脂肪がついている方は要注意です。下腹部の脂肪が原因となり骨盤底筋が弱ることで、膣の締まりが悪くなることがあります。

便秘

排便まで時間がかかる方は、骨盤底筋が伸びている時間も長くなっていることがあります。これも膣の緩みにつながります。

女性ホルモンの減少

加齢によって女性ホルモンが減少すると、膣壁の血管も細くなります。膣壁の血管が細くなると細胞が薄くなることもあり、膣圧が低下してしまいます。また弾力性のある粘膜が減ることで膣口が小さくなったりもします。

重いものを持ち上げる

常に重いものを持ち上げるような仕事をしている場合、重いものを持ち上げるときに腹圧が高まり、瞬間的に内臓が外へと押し出されることになります。

生活習慣も気を付けたい

膣の緩みの代表的な原因のほかにも、生活習慣が関わっていることもあります。出産経験がなく、肥満もないといった女性でも、毎日デスクワークで運動を全くしない場合、運動不足によって筋力低下を招くこともあります。膣の緩みを防ぐには、日々の生活に運動を取り入れて健康的に過ごすことも大切です。

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。