膣のお悩み解消 HOME » 膣の緩みの原因やチェック法を紹介

膣の緩みの原因やチェック法を紹介

女性が悩む“膣の緩み”。なぜ緩みが起きるのか、どうやって緩みを調べたら良いのかを紹介します。

膣の緩みを感じたら

尿漏れが起こったり、お風呂に入るとお湯が膣内に入り込んだり、パートナーから指摘されたりすることで、自分の膣の緩みに気づく女性がいます。膣が緩いという悩みは人には相談しにくく、自分自身もショックを受けるものです。緩みに気づいてもそのまま見てみぬふりはできますが、時間の経過によってさらにひどくなってしまうこともあります。膣の緩みに気づいたら目を背けず、なぜ緩みが起きるのか、原因を調べましょう。

膣が緩む原因は?

膣が緩む原因は一つではありません。妊娠や出産、加齢などにより骨盤底筋が弱くなることが緩みにつながっていると言われています。ほかにも肥満や姿勢、ホルモンバランスなども影響しやすい要因です。しかし、膣の緩みに悩んでいる女性は数多くいるため、自分一人で悩むことはありません。膣が緩む原因を7つ、詳しく紹介します。

今すぐできる膣圧チェック方法

もし膣の緩みに気づいたら、まずは自分でセルフチェックしてみましょう。普段の生活でちょっとしたことが気になっても、いきなりクリニックへ相談するのはなかなか難しいものです。とくに女性器に関する相談はデリケートな問題ですから、人に打ち明けるのは勇気がいるもの。セルフチェックで膣圧を確認し、万が一、膣圧が低下していると結果が出た場合は、それからクリニックへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

このカテゴリでは膣の緩みの原因とセルフチェック法を紹介しています。緩みを治療する第一歩として役立ててください。

骨盤底筋と緩みや尿漏れの関係性

「骨盤底筋」とは骨盤内にある筋肉のことです。この筋肉が衰えると尿漏れや体形の崩れ、便秘などあらゆる問題が出てきます。お腹に力を入れても膣が締まる感じがしなければ、筋力低下の可能性があります。筋力低下が招く症状についてまとめています。また、その場でできる体操も紹介しています。

免責事項

このサイトは2017年7月の情報をもとに作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。