HOME » 知っておきたい婦人科形成の基礎知識 » 施術の種類

施術の種類

クリニックで行う婦人科形成にはどのような種類があるのかを紹介します。

婦人科形成手術の種類画像

婦人科形成手術の種類

膣緩みが気になる方が受ける膣縮小術以外にも、クリニックではさまざまな婦人科形成を行っています。女性のデリケートな部分の悩みは人それぞれであり、それに合わせた施術の種類が用意されています。美容整形やエステなどの情報は世の中によくあふれているものなので目を通しやすく、ある程度の知識を持っている方もいることでしょう。ですが婦人科形成の場合はどのような種類があるのかを知らない方がほとんどではないでしょうか。

婦人科形成手術には大陰唇の黒ずみやしわ、乳頭、脱毛といった悩みに対する施術が受けられます。どのような施術があるかはクリニックによって異なりますが、婦人科形成を専門に扱っているクリニックならそれぞれの患者の悩みに対応できるようにメニューを用意しているところが多いものです。婦人科形成にはどのような種類があるのか、見てみましょう。

婦人科形成手術一覧

膣縮小・膣壁縮小

出産や加齢によって広がった膣を縮小することで、緩みを解消します。膣緩みによって不感症になっていたり尿漏れが起こっていたりする方に向いています。

クリトリス包茎・陰核包皮切除

クリトリスが出ないことによる不感症や皮がだぶついているなどで垢がたまり不潔になるなど、クリトリスの悩みがある方に向いている手術です。

大陰唇縮小

大陰唇のしわが気になる、黒ずみが気になる、下着にこすれてしまうといった悩みを持つ方に、大陰唇を縮小することで解消させる手術です。

処女膜再生

結婚を控えている方や激しいスポーツなどで処女膜が破れてしまった方の処女膜を再生させるのに効果的な手術です。

乳頭縮小

もともと乳頭が小さいことに悩んでいる方や出産を経て母乳育児をしたことで乳頭が下向きになってしまった方に効果的な手術です。

クリニックへ相談すれば良い解決方法が見つかる

例えば女性器の黒ずみに悩んでいたとしても、クリニックではレーザー治療や石鹸と塗り薬を使ったホームケアの治療を提案できますし、尿漏れに悩んでいた場合、レーザーや超音波、手術などの治療を提案できます。クリニックではいくつもの治療方法のなかからその人に合わせた提案ができるため、悩みをしっかり解決することが可能です。女性器の悩みは人には話しにくいものですが、悩んでいる方は勇気を出してクリニックのカウンセリングを受けてみてください。

サイト
監修

みどり美容クリニック・広尾 院長

みつゆきみどり医師

日本初の女性器専用超音波治療「ヴィーナスハイフ」をはじめ、高周波やレーザーによる施術など悩みごとのメニューが豊富に揃ったクリニック。医師やスタッフ全員が女性であり、女性器形成症例数3,000人以上の経験豊富な女医が施術を担当。カウンセリングに時間をかけて、一人ひとりの気持ちに寄り添った、優しい医療を受けることができます。

免責事項

このサイトは2016年9月の情報をもとに個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。